審美歯科知識

オールセラミック歯の色(シェード)の選び方

オールセラミックは人口の被せ物ならではで自由な色選びができます。
歯の色のことをシェードといい、それを決める目安をシェードガイドと言います。

今現在の歯の色に合わせる事も出来ますし、今より白くする事も出来ます。
しかもどれだけでも。
それこそ人工なので不自然なほどの白い色でも選ぶ事が可能です。

患者様は治療途中にシェードガイドを用いて色を決めます。

シェードガイドで色を決定

歯の白さはシェードガイドという世界基準のガイドVITAガイドを使用し医師と患者様で決定を致します。
大きくABCDと4系統に分かれており、更に明るさによってそれぞれが4段階の16色となっています。

・A系・・・赤茶色を帯びた白
・B系・・・黄黄色みのある白
・C系・・・グレーがかった白色
・D系・・・赤みを帯びたグレー

そちらから色を選ぶとともに微妙なニュアンスが有る場合は医師の指示によりステイン等を付け様々な色の表現を致します。

更に白い歯を選びたい方には


一般シェードでも十分白い色はございますが、モデルや芸能人の様に歯に目がいってしまうくらい白い歯を求める場合にはそれ以上の白さが必要です。
それには世界標準の色でなく、歯科の材料メーカーが用意している特別な色を選びます。
Japan Dental FrontierではノリタケのEWシリーズをご用意しております。
ノリタケのEWはEWY・EW・EW0・EW00と徐々に明るくなっております。
EWYは少し黄みを混ぜる事で白くかつ肌に馴染みやすい色になっており、少し冒険したい方にも受け入れやすい色となります。
EWより上は黄みがほとんどなく、特にEW00は非常に純白で美しい色となるため歯が綺麗という印象を与えることも出来るくらいです。

シェードを決めるコツ


オールセラミックの被せ物は好きな色にできます。
周りの歯に合わせることもできれば、今より白い色にすることも自由です。
医院により色合わせのタイミングは違いますが、殆どが製作の直前(型取り)のときに行います。
ちなみに私が実際に治療をしたときにはこんな感じでした。「」

周りの歯の色(元の歯)に合わせる

シェードガイドは歯の横に並べながら確認を致します。
本数が少ない場合には周りの歯に合わせた色にするのが一般的です。

少ない本数の場合にはその箇所だけを白い色にしては美しくないので、白くしたい場合には対象歯以外をホワイトニングなどで予め白くしておく必要があります。

周りの歯より白くする

6本以上の本数を治療するなら今より白くするというのもいいと思います。
まとまった本数で行えばまだらになることもないので、白く美しくみえます。
とは言え、上下の前歯を全て行なうとかでない限り周りの歯よりも明らかな色にしないほうが良いと思います。
もちろんホワイトニングをすれば白くしても問題ありません。

ただ、白ければいいというものでもありませんので、肌の色や歯の大きさなども考えて選ぶのが良いでしょう。

併用で行なうホワイトニングについて

色合わせの際のホワイトニングはあらかじめ行っておくことがおすすめです。
オールセラミックの色を先に選んでおいてから、後でホワイトニングで併せていく方法もありますが、後で色が合わないという問題が起きる可能性もございます。

ホワイトニングの方法は医院で行う「オフィスホワイトニング」、自宅で行なう「ホームホワイトニング」がございます。
詳しく知りたい方は下の記事もおすすめです。

あわせて読みたい
ホワイトニングの種類と効果。メリットとデメリットとは。オールセラミックの治療をされる方はどうせなら、周りの歯を『ホワイトニング』で白くしてからもしたいと思われている方が多くいらっしゃるのでは...

 

ホワイトニングの注意

ホワイトニングで白くした歯に合わせてオールセラミックの歯を選んだ場合、注意すべき点がございます。
ホワイトニングは永久的でないのでいずれ色が戻ってしまい、オールセラミックと色の差がでてしまうということです。
(オールセラミックも汚れはいたします。)
そのため、ホワイトニングは定期的に行なう必要がある治療とお考えください。

まとめ

オールセラミックの色は決定すると変更できないことがほとんどです。
そのため、医師やカウンセリングスタッフとしっかりとお話をし、色を決めてくださいね。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから