症例別治療方法

成人式に向けた歯並びの治療は10月開始なら間に合う症例もあり

当サービスでも成人式を目的として歯並びの治療をされる方が沢山おります。

キレイな振り袖やかっこいいスーツを着てみんなで写真をとったり、何かと記録に残るのでやっぱり人生のターニングポイントとして治療をしたい方が多いのですね。

でもそんな時、せっかく綺麗な晴れ姿なのに、歯が汚いと非常に前年です。
歯並びがガタガタだったり、歯の色が黄色かったり、虫歯よりはキレイな歯で振り袖やに負けない歯を手に入れたいですね。

ただ、成人式に間に合わせるには10月がラストチャンスになります。
今日はそんな歯並びにお悩みの方へ、成人式に向けた治療のお話と、今ならまだ間に合う方法をお話させていただきます。

一生に一度の成人式に自身を持つために

成人式は綺麗な振り袖を着て、髪の毛をセットして、一生に何度かしか無い特別に着飾る日です。
それなのに歯並びが気になっちゃって、歯を出して笑えない、笑顔で写真を撮れなんていうことはもったいないです。
成人式の写真って、意外と歳を重ねていっても見返すんですよね。

弊社でも事前に成人式の為に歯並びを治したいと言う患者さんのお話は非常に多いです。そのなかで特に多い症例をお話させていただきます。

成人式を目的とした治療には期間に注意

成人式を目的とした治療で一番注意すべきはその治療期間です。
オールセラミックの治療は症例により1ヶ月半〜6ヶ月ほどは見ておいたほうが良いです。

あわせて読みたい
症例別、オールセラミック治療の期間の一覧よく患者様から質問のある、症例別の治療期間をまとめましたのでご参考にしてください。 ただし、口腔内の状態として個別の口腔内状況によって...

10月治療が間に合う可能性のある症例

間に合う治療の条件としては
・神経の処置や抜歯が不要である
・上前歯のみ、下前歯のみと1ブロックの治療である
というのが条件となります。
この場合はおおよそ以下のような治療の流れになり、1ヶ月半〜2ヶ月で治療が完了します。

大まかな治療の流れ

1.検査、カウンセリング
↓1週間
2.仮歯の作成
↓1週間
3.歯の形成・仮歯の装着
↓1週間
4.セラミックの型取り
↓2週間(製作期間)
5.セラミックの装着・完了

○軽度に歯並びを治す場合(神経の処置が不要)

軽度の歯並びや出っ歯の改善で、神経を抜かずに治療ができる場合の期間の目安は1ヶ月半程度です。
そのため成人式までに間に合う可能性がございます。
ただし、治せるのは上下どちらかになります。

軽度の治療の範囲かは医院で診断をしてみないことにはお答えが難しいので、一度カウンセリングにお越しくださいませ。

○銀歯や保険の被せ物の交換

既に被せ物をしている方の場合、土台や事前治療が済んでおり、単純な交換だけで済むため、治療が間に合う可能性は高いです。
ただし、今の被せ物を外した状態が悪い場合には、処置のやり直しが必要となり、治療期間が長くなる可能性もございますのでご注意ください。

△形・歯並びはそのままで色のみ変更

形や歯並びは変えず、色をオールセラミックで白くしたい、というような場合には神経を抜く可能性が低く、短期間での治療ができる可能性がございます。
ただし、痛みを感じやすい人は治療途中で神経の処置が必要となり、治療期間が長くなる可能性もございますのでご注意ください。

△欠けた歯、折れた歯の治療

歯が欠けている場合や、歯が折れている場合についても、治療を間に合わせることができる可能性が高くなります。
痛みを感じない程度であれば、残っている歯を台の形に削り、被せ物をすることで完了します。

ただし、折れが大きく痛みを生じたり、台として短すぎる場合等は神経の処置と土台の形成が必要となってきます。
その場合には治療期間が1ヶ月程度延びるため、間に合わない可能性も出てきます。

治療が間に合わない症例

・神経の処置や抜歯を伴う治療
抜髄や抜歯があると1ヶ月〜2ヶ月程度治療期間が延びるため、間に合いません。

・上、下や左、右など複数のブロックに渡る治療
神経の処置が不要な場合でも、1ブロックずつしか治療ができないため、その場合も間に合いません。
例えば、上前歯6本のみなら間に合いますが、下前歯6本もされる場合には間に合わないことになります。

✗重度の歯並びの治療(神経の処置を要する)

叢生や強度の八重歯の場合は神経の処置や抜歯をともなう可能性が出てきます。
その場合は治療期間が3ヶ月を超えてくるため、今からの治療は間に合わない可能性が高いです。

✗軽度だが上下ともに歯並びを治す場合

上と下は別で分けて治療をしなければならず、単純に2倍の治療期間が必要です。
そのため、今から開始をしても間に合いません。
ただし、症例によっては上だけを治療をし、下は成人式後にするということもできる場合があるため、多少なり歯並びをよくできる可能性がございます。

実際に成人式に向けた治療を行った症例

その方は20歳の女性で、上前歯が多少出っ歯(前突)していたため、そちらを治し、周りの歯の色も白くされたいと希望しておりました。
下前歯も多少ガタガタでしたが、上の歯と重なったときには目立たなかったので、今回は上前歯だけ治療して下前歯に関しては治療はしないこととなりました。

今回の症例は出っ歯ではあるものの、他の歯と重なっていなかったので、神経を取らずに前トツを抑える程度でした。
前トツの場合は今よりもやや細めの歯になりますが、むしろ大きいくらいであったので治療をするとともに歯それぞれのバランスも取れます。

治療内容は
・上左右1番目を形成
・歯を少しコンパクトにし、内側に傾けて前突の改善
・ホワイトニング
となりました。

治療の順序

今回の治療は以下のように進めていくこととなりました。

①スケーリング(歯のお掃除)
②治療
④ファイバーコア(土台)・仮歯を作ります
⑤印象(型取り)
⑥装着

と言う流れになります。治療期間はの目安は1ヶ月半程度になります。

ホワイトニングに関しては、他の治療と同時進行でできましたので、特に期間が伸びること無く、周りの歯も白い歯くしております。
今回の患者さんは、10月中旬に治療開始をしていき、順調だったので、12月中旬ごろに治療が完了しました。

成人式の日に無事間に合いましたよ。

成人式に間に合わなくても治療をする意味はある

例え、成人式に間に合わないとしても歯並びを治し、コンプレックスを解消する意味はございます。
今後、人生を生きていく上で
・就職活動
・就職
・恋愛
・結婚
のような歯並びが影響をしてくる機会は実は多いのです。
特に現在、学生の方は今のうちに治しておくことをオススメいたします。
社会人になってからは医院に非常に通いにくくなります。ほとんどの歯科医院は平日10〜19時くらいが営業時間となり、仕事をし始めると治療をする時間が中々とれなくなりますので。

参考ページ

あわせて読みたい
歯並び・歯の色を学生のうちがに治した方がいい理由成人式、就職活動、留学、入社式など、学生中に迎えるイベントは沢山ございます。弊社でもこういったイベントに向けて治療をお受け頂く患者様は多...

 

まとめ

・症例によっては10月下旬から開始しても治療期間は足りる
・前撮りをする場合にはさらに期間に余裕を持つ
・成人式に間に合わなくても治療をしておくと今後が有利に

おそらく成人式の話題って振り袖だったりヘアメイクのことが真っ先に考えられますが、それは意外と急でもなんとかなります。
それよりも時間のかかる美容のケア、歯並びの治療だったり、女性だったらエステなどそういったところをもっと注目してもらうと良いと思います。

これから成人式をやられる方がいらっしゃいましたら、1度カウンセリングに来られてはどうでしょうか?
本数にもよりますが、今ならまだ間に合います。去年、駆け込んでこられた方がいらっしゃいましたが、あまりにも期間が短かすぎて治療を開始することすらできませんでした。

そうならない様に、、、、、今、是非、お待ちしております。

サービスのご利用方法は

電話番号にお電話をいただくか、バナーをクリックした先のサービスサイトからお問い合わせくださいませ。

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから