menu
閉じる
  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
閉じる

被せ物をした歯の虫歯「二次カリエス」の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、『二次カリエス』という言葉をご存知でしょうか?

大人の虫歯には、
『歯の溝や歯間に出来る虫歯』
『歯茎との接点に出来る虫歯』
『歯周病で歯肉が退縮し、露出した歯の根の部分に出来る根面う蝕』
そして被せ物をした人に起こる『二次カリエス』があります。」
二次カリエスは成人から高齢者に多い虫歯で、歯医者さんで行われる虫歯治療の大半を占めるといってもいいくらい起こりやすいものです。

そもそも二次カリエスとは

虫歯治療で銀歯や詰め物をした後、歯とその銀歯や詰め物の隙間から虫歯になることをいいます。
二次カリエスになる原因として挙げられるのが、銀歯や歯の詰め物の劣化やから菌が入りやすくなり虫歯になります。

治療をしてももちろんその中は元のご自身の歯なのですが、治療したからもう虫歯の心配はないという油断や安心感から、ケアが十分になされず虫歯になるケースが多いのですね。

神経を抜いた歯も虫歯になる

特に、一度治療として神経を抜いてしまった歯の場合、虫歯が進行していても痛みがないので気づけないことがあります。
早めに気づくことが出来れば、歯を削る範囲も小さくて済みますが、気づけないために削る範囲が大きくなり、歯へのダメージも大きくなります。
気づいた時には詰め物の下で虫歯が広がっていて、抜歯をせざるを得ない状態になってしまっていたということもあります。

また二次カリエスは一度歯を削って治療した歯なので、神経との距離が短くなっており治療するには神経を抜かなければならないケースもあります。

2次カリエスにならないためにどうするか

では2次カリエスにならない為にはどうしたらよいのでしょうか?

いくつか注意する点をご紹介したいと思います。

【1】 プラークをしっかり除去する

そもそも虫歯の原因は歯に付着するプラークに潜んでいる虫歯菌です。治療した詰め物
などの材料との間にはどうしても段差があります。使う材料や治療法によって精度が変わり
ますが、その段差に歯垢が溜まり二次カリエスになりやすくなります。虫歯の治療後の歯こそ
特に丁寧にブラッシングを行い、徹底的にプラークを除去することが必要です。

【2】 虫歯の出来にくい口内環境をつくる

一度虫歯になったということは、そこは虫歯になりやすい場所と言えます。治療を行い、虫歯が
無くなったとしても虫歯になる前までと同じ生活習慣・環境であればまた同じように虫歯になり
ます。間食や甘い物を控えたり、よく噛んで唾液を出すように心がけたり、虫歯を繰り返さないよう
日々の生活習慣の見直しが必要です。

【3】 定期的に歯医者さんでメンテナンスを行う

歯が黒くなってきたり痛みが出たりなどの症状がでるまで放置している虫歯は、たいてい自分では見えないブラッシングしにくい箇所にあり、かなり進行してしまっている虫歯です。
進行してしまった虫歯は、歯を削り銀歯やプラスティックの詰め物などで治療する必要が出て来ます。そして二次カリエスの原因となっていくのです。
それを防ぐためにも、定期的に歯医者さんでメンテナンスを行い、歯医者さんに診てもらうことが虫歯の早期発見につながります。
発見が早ければ早いほど削らずに治療をできる可能性が高くなり、不要な詰め物をしなくて済むようになります。
そして磨き残した歯のクリーニングも受けられるのでいいことずくめです。
ちなみに定期メンテナンスは3ヶ月に1度は行かれることをおすすめします。

【4】 フッ素が入っている歯磨き粉などを使う

フッ素は歯質を強化し虫歯になりにくくする効果があります。ですので、日頃からフッ素入りの
歯磨き粉や、フッ素洗口液などを使用することが大事です。歯医者さんでフッ素塗布をやってもら
うことも二次カリエスの予防に効果的です。

そして、どうしても銀歯やプラスティックの詰め物をしなくてはいけない状態になってしまった場合
は次の【5】を検討されることをお勧めします。

メンテンナス以外でカリエスができにくくする方法

【5】 劣化しにくく、プラークの付着しにくいオールセラミックなどの材料を使う

虫歯の治療の方法はもちろんですが、治療に使用する材料選びも二次カリエス予防には重要なことです。
保険治療で使われる銀歯やプラスティック(コンポジットレジン)は歯垢が付きやすいという点で、二次カリエスになりやすい材料といえます。
そして劣化しやすく、平均すると4、5年程度で劣化が始まるといわれています。

二次カリエスは被せ物と隙間ができた箇所からおきるため、被せ物が劣化すると起きやすくなります。
そのため、劣化しにくい材料を使うことで二次カリエスを起きる可能性を低減できるかのうせいがございます。
その中で、オールセラミックは歯垢がつきにくく、汚れも除去しやすく、劣化しにくい材料なので二次カリエスを防ぐには効果的な材料です。

そして見た目的にも、希望の白さを選ぶことが出来るので、ご自身の歯の色に合わせることが出来て、より自然な見た目になります。

保険適用外の素材になるので、保険適用のものよりも費用は掛かりますが、ご自身の歯の健康を守るという事を考えると最適な素材です。

虫歯が出来て詰め物をせざるをえない場合や二次カリエスがある場合、詰め物が取れたり詰め物が4・5年前の治療のものである場合、オールセラミックを検討されることをお勧めします。

以上、二次カリエスについてお話してきましたが、お分かりいただけたでしょうか?

一度虫歯になった歯はまた虫歯になる確率が高くなりますので、日頃のケアと定期的な
検診を心がけて二次カリエスを予防しましょう!

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1本が引っ込んでる治療はブリッジになる場合も

  2. 保険の前装冠の交換希望のカウンセリング

  3. 夏までに間に合う前歯の歯並びの治療

  4. 反対咬合の改善方法。オールセラミックでの治療はできるのか。

  5. 日本人は歯並びへの意識が弱い。海外では治すのが当たり前ですよ。

  6. 保険、自費診療でできる白い詰め物

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝…
  2. 小さい頃、小学生の時、虫歯だったり歯並びが悪かったり、転んで破折して義歯、それも保険の歯(前装冠)を…
  3. みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、…
ページ上部へ戻る