menu
閉じる
  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
閉じる

歯の美容ブログ

歯のコンプレックスを実際に治した東京の審美歯科カウンセラーが書く「歯の美容ブログ」

前回、歯の色(シェード)選びの迷った事などをお話ししましたが、今回は歯の美しさを決めるもう一つの要素、「歯の形状」とそして「装着」についてお話しいたします。形状は要望を反映することが可能でした形状に関しては、どうしたらいいのか?ぶっちゃけわかりませんでした。ガタガタの歯列…

日本は海外に比べて歯の意識が低いことは知ってますか?歯医者の数はコンビニより多いのに意外ですよね。海外留学をされた方だと歯並びを指摘されるたこともあるんじゃないでしょうか。よく、海外の記事で歯並びのことを題材に上げた記事には日本人は歯並びが悪いということを指摘され…

こんにちは。前回歯の根元の治療が終わり、ファイバーコアを入れて仮歯で完了しました。今回は、形状と色選びのお話をしたいと思います。治療しない周りのはとの色の兼ね合いが色(シェード)選び。。。。(歯の色はシェードと言います。)芸能人みたいな白い歯が笑った時、清…

オールセラミックの被せ物で「治療中に歯抜けになるのは困る」とか「仮歯をつけるタイミングはいつ?」ということを治療をされる前によく聞かれます。治療前に私も思った疑問でした。ズバリ答えとしては支台歯のままということは基本的になく…

大きな虫歯や歯の破折などが原因で神経を抜いた歯は、年々もろくなっていき、欠けたり割れたりというリスクが高くなります。そこに被せ物をする場合は、寿命を延ばすために人工の歯の土台(コア)で歯を補強することがオススメです。また、すり減って短い歯にクラウン(被せ物)をする場合にも…

オールセラミックの治療をされる方はどうせなら、周りの歯を『ホワイトニング』で白くしてからもしたいと思われている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?実際、弊社のサービスをご希望されるお客様で、せっかく高価なオールセラミッククラウンを入れるんだったらより白い歯がいいと『…

歯並び、形、色を治せることから今一番人気のある審美治療のオールセラミック治療について詳しくご説明を致します。オールセミック治療の簡単な説明オールセラミック(セラミック)治療は改善できる「内容の豊富さ」と「期間の短さ」から、歯に悩…

芸能人やモデル、アナウンサーなどテレビを見ていると歯が綺麗な方が多く、その素敵な笑顔に憧れている人も多いと思います。人に見られるお仕事をされている方知っているんです。「歯並びの美しさは、人の美しさをを決める要因として重要」だということに。スキンケアやス…

こんにちは。この前は抜髄(神経を取る)までのお話をしたので、今回はその先の治療、コア(土台)立てのお話しをします。コア(土台)とは歯のコア(土台)とは神経を治療した歯が割れないようにするために補強する芯です。神経がない歯は、歯の新陳代謝がなく、物理的に穴も開い…

春になり、新生活を迎えられた方も多いのではないでしょうか。新たな人との出会いの季節でもありますので第一印象は大事にしたいですよね。良いイメージを与えるには、笑顔は欠かせません。「歯」はその笑顔を決める重要とものとなりますので…

さらに記事を表示する

最近の記事

小学生の時からのガタガタの歯並びを大人になってからオールセラミックでキレイにしました。今はその実体験を生かし審美歯科のカウンセラーをしております。

ページ上部へ戻る