審美歯科知識

開咬はオールセラミックでもある程度は改善が可能

不正咬合と呼ばれるもの中に『開咬』というものがあります。

読んで字のごとくなんですが、上下の歯を噛み合わせたとき、前歯や横の歯の間に隙間が
空いていて、噛むことができていない状態のことです。

例えば、普通に奥歯同士を噛み合わせているのに、上の前歯と下の前歯に隙間が出来て
常に空いた状態が一般的に開咬を呼ばれるものになります。

やはり開咬は客観的に見て、見た目が不格好と言わざるをえません。
笑う時や写真撮影の際に、手で口元を隠したり歯を極力見られないように隠れた努力をされて
いる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

開咬であることの弊害

開咬は放っておくと見た目だけではなく下記のように様々な弊害があります。

①咀嚼(そしゃく)障害

 歯と歯があたらないので咀嚼能力の低下や咬合力の低下

②嚥下障害

 食事の際にクチャクチャ音がでる。発音が不明瞭になる。(特にサ行、タ行、ラ行)

③虫歯・歯周病になりやすい

 口を閉じにくく口が開いている状態が長く続く為、口の中が乾きやすく口臭の原因になったり、
 ブラッシングがしにくい為に虫歯や歯周病になりやすい。

④顎関節症や肩こりなど体への影響

 正常に噛めていない為に顎関節症の原因になったり、肩こりなど体に不調をきたす原因に
 なったりする。

以上のような弊害が、開咬を放っておくと起こってきます。

ちゃんと噛めていない為に食事の際にクチャクチャ音を立てるのはマナーが良くないですし、
特に女性の方は気になるのではないでしょうか?

そして虫歯や歯周病のになるリスクが高くなり、体に不調をきたすというリスクまで抱えるのは
健康上よくないですよね。

開咬はオールセラミックで治せるのか

弊社にお問い合わせいただくお客様の中にも、開咬に悩まれていて、矯正は時間がかかるし、外科的処置は怖いしとご相談頂く事がしばしばございます。

開咬と言ってもその度合いは様々で、オールセラミックでの治療が適さない場合もございますが、軽度の開咬でしたらオールセラミックで治療することによって、開咬を改善する事が出来るんです。

そこでもうすこし開咬についてお話ししていきたいと思います。

そもそも開咬とは何なのか

開咬は歯科用語では『オープンバイト』とも呼ばれます。
そもそもなぜ開咬になってしまうんでしょうか?
まずはその原因をいくつか挙げていきますね。

①遺伝的要素 (顎が長かったり、歯が大きい)
②顎の骨が上下でアンバランスな成長をした
③悪癖によるもの (指しゃぶり・舌癖・口呼吸)
④鼻の病気

などが挙げられます。

原因は先天的なものだけではなく、ご自身の指しゃぶりや舌の癖などの悪い習慣や、
鼻の疾患による口呼吸が原因だったりするんですね。

上記のような悪癖が習慣的に行われると、歯の位置を移動させ開咬になり、開咬の状態を放って置くことによって悪癖を生むという良くないサイクルを繰り返してしまいます。

負のサイクルですよね。

早い段階で悪癖を改善し、治療に入るのが大事と言えますね。

開咬治療の第一選択肢として挙げられるのは、やはり『歯科矯正』です。

開咬の程度にもよりますが、空いている隙間が大きければ大きいほどオールセラミックでの治療ではなく矯正が適しているのかなと日常カウンセリングを行っている私は感じます。
その場合は矯正をおすすめします。

逆に、隙間がそれほど大きくない場合はオールセラミックで治療し改善することが可能です。

オールセラミックでの治療方法

では、オールセラミックでは具体的にどういう風に治療をしていくのか、その内容や工程を
お話ししていきますね。

オールセラミックで治療する場合、基本的に歯の長さを調整して(歯の向きを整え歯の長さを長く
して)、その空いてしまっている隙間を埋めるという治療方法をとります。

矯正などと違って歯の位置をずらして改善するというよりは、歯を被せものすることで見た目を良くする方法です。
下記の工程が、通常行っている治療行程の例になります。

治療の大まかな流れ

【1】 神経の処置

その方の開咬の程度や歯並びの状態によって、神経を抜く必要が出てくる場合があります。
開咬の方には乱杭歯の状態の方が多い傾向がありますので、乱杭歯である場合は神経を抜く必要が出て来ます。
神経を抜いた後は、その穴の消毒や、かわりのお薬を入れる治療も必要になりますので、
通常数回の通院が必要になります。

【2】 土台を築造する

神経を抜いた場合は、歯の土台の築造が必要になります。通常ファイバーコアと呼ばれる
金属を一切使用していない、しなりのある素材のファイバーコアというものを土台として使用
します。そのファイバーコアの向きを調整することによって、歯並びを改善する事も可能です。

【3】 型取り・仮歯

オールセラミックの歯を作製する為に型取りをし、一定の期間仮歯をつけていただき歯茎の
状態を整えます。

【4】 装着

出来上がったオールセラミックの歯を装着して完了です。

オールセラミックの治療は正直2,3mm程度の隙間になります。
それ以上は歯が長くなりすぎて見た目があまりよくありません。

以上が通常行っている治療内容・行程の例になります。

奥歯の治療もするする場合は更に期間が

開咬といっても、人それぞれ程度の差がありますので、治療回数や治療内容が異なってきます。
例えば、併せて奥歯の噛み合わせの高さを調整する必要がある場合は、その調整にかかる期間の分
だけ治療期間が長くなります。

奥歯の噛み合わせの高さ調整はそう簡単なものではなく、期間も個人差があり最低でも半年から
一年は必要だとお考え下さい。急に噛み合わせの高さを変えることはできません。治療期間中も
食事をする必要があるので、ちゃんと物を噛める状態を保たなければいけませんからね。

そのお客様の開咬の状態、空いた隙間の大きさにより、オールセラミックの治療が可能なのか、
矯正や外科的処置を受けた方が良いのかなど治療内容が違ってきます。ですのでまずは事前の
カウンセリングを受けてみて、どういう治療方法がご自分には向いているのか、オールセラミックで治療される場合は、神経を抜く必要があるのかなど、どういう治療内容になるのか詳しく相談・確認をされて下さい。

今回は開咬についてお話ししてきましたが、お分かりいただけたでしょうか?
まずは勇気を出して、どのような治療が適しているのか確認する為にも、事前のカウンセリングを受けられてみてはいかがでしょうか?

弊社でも事前カウンセリングを行っておりますので、お気軽にご相談くださいね。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから