menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

銀歯のオールセラミック交換のすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社の患者様でも前歯の歯並びに次いで多いのが「銀歯の交換」治療になります。
保険の場合4番目以降は銀歯であることが多いので、子供の頃に入れた銀歯とか、虫歯でとりあえず入れた銀歯をお金に余裕ができたから交換したいという人が多くいますね。

銀歯は奥歯に使われることが多いのですが、もし予算的に本数が限られるのであれば審美的には下の奥歯から治療されることをおすすめです。
下の奥歯は大きく笑った時に見えるので結構目立ちますが、上の奥歯は覗き込まないと見えないことがほとんどです。

銀歯の交換はほとんどの方が可能です

単純に、銀歯をセラミックにするだけなら難しくありません。今の銀歯を外してセラミックにするだけで完了します。
ただ、いくつか銀歯の交換の際の注意点があるのでご説明させていただきます。

保険の銀歯と削る量が少し違う

一般的に銀歯は割れにくく、かつ保険治療の歯は単一の素材でできているため、実はオールセラミックより薄く製作することができます。
(金属製のコップを落としてもへこみはしても割れないのと一緒です)
薄く製作することができるということは、支台歯を削る量も金属製の歯のほうが少なくすみます。
そのため、オールセラミックへ交換する際に、少し支台歯を削る必要がでる可能性もあることや、神経を抜く必要がある場合もございます。

銀歯を外した状態によっては事前処置が必要

銀歯は大体長年装着していることが多く、外してみると中がう触していたり気づかないうちに虫歯になっているケースもあります。
大事無ければ保険治療でケアをしてから装着を致します。

保険で装着した金属製のコアを交換するかどうか

神経を抜いて金属製の歯を装着している方は、ほとんどの場合に金属製のコア(土台)も装着されていることが一般的です。
金属製のコアの上にオールセラミックの歯を被せることはできますので、特にこだわりがなければそのまま被せて良いと思います。
以下のようなこだわりのある方はコアを金属を使用していないファイバーコアなどに交換しても良いと思います。
・金属アレルギーで金属を完全になくしたい方
・金属コアの透けをなくしたい人(主に前歯)
・せっかくならメタルフリー治療にしたいか

ただ、コアは絶対に交換ができるわけでなく、太めだったり歯に定着しすぎていると外せないこともございます。

噛み合わせがきつすぎるとできない場合も

前述の通り、金属は単一の素材のため薄くしやすく、噛み合わせがきつい人や歯が低くなっている方でも装着がしやすくなります。
そういった方の場合、セラミックでは制作できないケースもあるので注意が必要です。

治療期間は1〜1ヶ月半程度

治療期間はスムーズに交換だけで済めば1〜1ヶ月半程度で完了いたします。
1回目:仮歯の製作
2回目:銀歯を外し、支台歯の調整(仮歯の装着)
3回目:型取り
4回目:セラミックの装着

というのが一般的な流れになります。本数が少ない場合には1・2回目を同時に行えることもございます。
ただ、銀歯を外したときの支台歯の状態が悪い場合や、コアの立て直し等があると他に事前治療を行う必要がございます。

詰め物(インレー)もセラミックに

被せ物よりも多い、詰め物のタイプもセラミックにすることができます。被せ物同様に、銀歯を外し、型取りをして装着をするのでこちらも至って簡単です。ただ、歯の側面に渡るようなあまりにも大きいインレーの場合はできないこともございますので、一度お見せください。

非常に地味で些細な治療かもしれませんが、銀歯があまりに多いと、歯に無頓着な印象も与えかねません。
笑顔を仕事にしている人にとっては非常に効果のある治療ですよ。
交換治療はスムーズに行けば非常に難易度の低い治療ですので、気になさっている方は治療をおすすめいたします。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 反対咬合の改善方法。オールセラミックでの治療はできるのか。

  2. 症例別、オールセラミック治療の期間の一覧

  3. 自覚のない歯ぎしりに注意。オールセラミックは特に注意が必要です。…

  4. 歯医者が苦手な方でも審美治療を無事に終えるには

  5. オールセラミック装着後のケアの方法

  6. オールセラミックの色選びとホワイトニングのタイミング

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝…
  2. 小さい頃、小学生の時、虫歯だったり歯並びが悪かったり、転んで破折して義歯、それも保険の歯(前装冠)を…
  3. みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、…
ページ上部へ戻る