menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯の被せ物や詰め物を長く持たせるためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『歯に詰め物や被せ物したけど、どのくらいもつんでしょうか?』

カウンセリングを行っていると、毎回と言っていいほどこの質問がきます。
オールセラミックは保険の被せ物より高価なものなので皆さん気になりますよね。

オールセラミックそのものは「10〜20年」持つと言われております。
ただしこれは、あくまで口腔内に入れていない状態でのこと。

そのお客様ごとにお口の中の環境は違いますし、ましてや噛み癖も人それぞれです。一概に何年と明言することは出来ません。

ですが、せっかく詰めた詰め物や被せ物、そして歯自体を長く持たせる方法はあります。

今回は、長持ちさせるその方法についてお話ししていきたいと思います。

まず基本的な事からご説明していきます

詰めたものが取れてしまった、被せていたものが割れてしまったというのは、実際に経験された方は多いのではないでしょうか?せっかく治療したのに、また治療をする事になってしまいますよね。

再治療をするということは、また歯を削るということです。歯はダメージを受け、寿命が短くなります。

例えば、虫歯を削って詰め物します。何年後かに詰め物がきちんと合っていないことが原因で虫歯になってしまいとれてしまいます。そうするとまた歯を削り、また詰め物を詰める。

それが何回も繰り返される事によって、詰め物では間に合わないくらいに削った部分が多くなってしまい、最終的には神経を抜かなければならない状況になってしまいます。

そして、神経をとると歯は、『枯れ木』のような状態になります。
枯れ木はパッと見丈夫そうにみえますが、実際のところ中は栄養が行き届いていないのでもろくなっています。

歯も同じで神経を抜くという事は、その歯に栄養が行かなくなってしまうという事です。歯は弱くなり、割れやすくなってしまいます。 神経を抜いた後、その歯に被せ物をせずに、そのままの
状態で使っていると、もろくなっているので歯にヒビが入って来ます。 そして歯がヒビがはいる
と、最悪は歯を抜かなければならない状態になります。

これが歯の寿命が短くなる原因にもなります。

ご理解いただけたでしょうか?
では、何が被せ物・詰め物が長く持たない原因なのか考えていきましょう。

被せ物・詰め物が長く持たない原因

大きな原因は2つあります。

【1】 被せ物自体の破損

経年劣化により破損してしまうことがほとんどですので、そういった場合は作り直す事で改善可能です。
ただ、経年劣化による破損以外にも、噛み合わせや噛み癖、歯ぎしりや食いしばりなどで歯に負担がかかることで歯が割れてしまう場合もあります。

【2】 歯自体に問題がある場合

被せ物をしている歯が虫歯になることがあります。

治療が終わった後、もう虫歯にならないもう大丈夫と思われる方が多いのですが、そういうわけではないんです。
それは被せ物と歯の間に隙間が生じていたことが理由であったり、被せ物の精度が悪かったためっだったり、理由は様々です。
虫歯を治して、被せ物をして終わりではなく、そこからが本番という考えかたをすることが大事です。
被せ物をしたその歯に問題が起きなくても、隣の歯が虫歯になり、細菌が繁殖してしまい、歯や歯茎などに悪影響を及ぼして、それが結果的に被せ物をした歯にも悪影響を及ぼすということがあるため油断は禁物です。
根に細菌が感染したりした場合、最悪抜歯になる可能性だって出てきます。

せっかく高額のセラミックを入れたのに、虫歯等が起こったら、被せ物を壊して治療をしなければならなかったり、最悪の場合抜歯しなければならないようになってしまいます。

そうならない為に、被せ物を長く持たせるためには何が必要なのか考えていきましょう。

長持ちさせるための方法

歯にかかる負担を低減


噛み癖や歯ぎしりなどの強く噛みすぎることが原因で割れてしまう場合には、噛み合わせの調整や、ナイトガードを作製し睡眠中に使用することで割れにくく、消耗しにくくなります。

【1】 丁寧なブラッシング(歯磨き)


お家でご自身で出来ることは、日々の歯磨きです。虫歯を治してからも、丁寧な歯磨きを行うことによって、結果的に被せ物を長持ちさせる事につながります。

もちろん被せ物をしてない歯に対しても、虫歯等の予防として効果的です。
そして是非日々の歯磨きとあわせてやっていただきたいことが、フロスや歯間ブラシの使用です。このひと手間を加えることによってより効果的になります。磨き残しがあっては、歯磨きをした意味がありません。ブリッジをかぶせている方は、特に歯間ブラシで磨いてあげることが必要になります。

【2】 定期的に検診を受ける


ご自身の日々の歯磨きだけではまだ足りません。定期的に歯医者さんにチェックしてもらう事を
お勧めします。詰め物・被せ物の状態をチェックしてもらう事によって、未然に虫歯や破折、そして
現在の状態を知ることによって、今後の対策(咬合調整など)や、磨き残しがない歯磨きの仕方
などを修正することができます。
他にもPMTCという歯のクリーニング、歯石取りなど歯科衛生士によるクリーニングも大事です。
どんなにお家での歯磨きをしっかりしていても、やはり限界はあります。なので、先生のチェック・衛生士のクリーニングを定期的に行う事が大事です。

詰め物や被せ物は、虫歯の治療の中で、あくまで歯の機能や見た目の回復にすぎません。
もちろんなくてはならないことですが、歯磨きや定期的なメンテナンスが大事ですし、長持ちさせる
には必要なことになります。

そして何より大切なのは、ご自身の歯に対する意識です。虫歯予防に対する意識と、被せ物が
欠けたりしないように食べ物に気をつけたりナイトガードをちゃんと使用する事。せっかく入れた詰め物・被せ物です。日々しっかりと歯に意識を向けケアを行い、大事に使っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 人に比べて歯が小さい、矮小歯のオールセラミック治療

  2. オールセラミックの被せ物(補綴治療)とは

  3. 歯の捻転を矯正かオールセラミックで迷われた患者様

  4. オールセラミック装着後のケアの方法

  5. 歯医者が苦手な方でも審美治療を無事に終えるには

  6. 歯の本数は足りてますか??先天性欠如の治療方法

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 好評のJDFのオールセラミック治療は横浜でも受けることが可能です。JDFの横浜医院は横浜(神奈川…
  2. 欠損した歯の治療方法としてはブリッジ治療かインプラント治療が主になります。ただ、どちらの治療もあ…
  3. 通常、レントゲン撮影や検診を行わないと詳しい説明が出来ないため、無料でのカウンセリングを行っておりま…
ページ上部へ戻る