menu
閉じる
  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
閉じる

欠損歯(抜けた歯)のオールセラミックの治療方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欠損歯、歯が抜けた方でもオールセラミックのブリッジで治療をすることで治療をすることが出来ます。
歯茎の病気や事故などで歯が抜けてしまった方、あるいは抜かなければいけなかった等、生まれつきの先天性欠損など理由はあると思いますが、多くの場合はオールセラミックで改善できます。

前歯なんかは歯が抜けてれば見た目が良くないですし、
奥歯でも目立たなくても、欠損箇所をそのままにしておくことは周りの歯に悪影響です。

この記事ではオールセラミックを用いた欠損歯の治療方法をお伝えいたします。

オールセラミックの「ブリッジ」治療とは


ブリッジ治療とは画像のように、欠損している箇所の両隣が繋がった歯を被せることにより、欠損箇所に歯があるように擬似的に見せる治療です。
擬似的と言っても、余程のことが無い限りかめますので、咀嚼する機能をある程度取り戻すことが可能です。

治療をする際には両隣の歯を削る必要があるので、どうしても削りたくない人には向きませんが、
そのままにしておくことには様々な弊害があるので何らかしらの処置はしたほうが良いと思います。

欠損したままにしておくことの弊害

どんな理由にしろ、抜けた歯がある箇所をそのままにしておくのは良くありません。
歯はそれぞれの歯が隣接して支え合っていますが、隙間があると歯が動いてしまします。

それにより咬合に不調がでたり、他の歯まですきっ歯になり見栄えが悪くなります。
更に悪化すると、周りの歯が抜けてしまうこと、抜かなければいけないことも考えられます。

ブリッジのメリットとデメリット

メリット

・外科的処置が必要ないので体にやさしい
・費用が比較的安く済む
・治療期間が短い(1箇所につき1ヶ月半〜3ヶ月)

デメリット

・隣の歯を削る必要がある
・欠損箇所が複数ある場合には支台歯となる歯を増やす必要がある
・周りに支える歯がないと出来ない。

ブリッジ治療の流れ


1.欠損歯の両隣の歯を支台歯の形に削る。
 ※場合によって神経の処置やコアを立てる必要があります。
2.型取りをし、つなげた形状の歯を製作し
3.装着して完了

期間は、神経の処置が不要な場合で1ヶ月半程度、必要な場合で3ヶ月程度となります。

保険のブリッジ治療はどうなる?

保険でも欠損した箇所にブリッジを装着することは可能です。
ただし、素材に限界がございます。
前歯の場合、3番目までの歯は、内側が金属で外側がプラスチックの硬質レジン前装冠と呼ばれるもののブリッジが可能です。

表面から見た場合には一応白い歯になりますが、プラスチックは変色などもあるので、オールセラミックには敵いません。
奥歯、4番目以降は全て金属で出来た歯になりますので見栄えが良いものとは言えません。

保険と自費の材質の違い

4番目以降は銀歯になりますが、3番と4番をまたがる場合に、2つの素材を混ぜることは出来ませんので
その場合は全て金属になります。

ブリッジ以外の治療方法

その他の治療方法としては「インプラント」と「入れ歯」がございます。

インプラント

インプラントは人口の歯根を顎の骨に埋め込むので、周りの歯を削らなくていいというメリットが有る反面、
その手術自体が高度かつ時間のかかるものであるのでリスクを生じるのも事実です。
人によっては顎の骨にうまく埋め込めないということもございます。
また、一般的には高額な治療費になります。
インプラントについては詳しくは「抜けた歯はインプラントかブリッジどちらの治療がいいのか」をお読みください。

入れ歯

御存知の通り、入れ歯を装着することで、欠損歯ている歯を補うことが出来ますが、あくまで必要時のみに装着するもので
常に付けていられるわけではありません。
また、箇所によっては入れ歯であることが丸わかりで、見栄えも良いものとは言い難いです。

まとめ

抜けた歯をそのままにしておくのはあまり良い事とは言えません。
ブリッジ治療は最もポピュラーな治療方法で素材が違えど保険治療でも行われております。
ただ、銀歯と言うこともあって敬遠していた人も多いと思います。

JDFならオールセラミックのブリッジが1本53,000円〜治療が可能ですので、白くて綺麗なブリッジでコンプレックスを解消して頂ければと思います。
よろしければ一度カウンセリングにお越しくださいませ。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 出っ歯が気になる方へのオールセラミックの治療方法

  2. 人に比べて歯が小さい、矮小歯のオールセラミック治療

  3. オールセラミック治療の流れをご説明します

  4. オールセラミックの事前処置にクリーニングは重要

  5. Japan Dental Frontierのオールセラミックサー…

  6. まだらな色の歯の治療方法。テトラサイクリンは白くできるのか。

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝…
  2. 小さい頃、小学生の時、虫歯だったり歯並びが悪かったり、転んで破折して義歯、それも保険の歯(前装冠)を…
  3. みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、…
ページ上部へ戻る