menu
閉じる
  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
閉じる

抜けた歯はインプラントかブリッジどちらの治療がいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社でカウンセリングさせていただいたお客様の中にも、歯がなくなってしまった方で、『インプラント』と『ブリッジ』のどちらかで迷っいる方が多くいらっしゃいます。

虫歯の状態がひどく抜歯してしまった場合、歯根がゆるくなって抜けてしまった場合などの治療としてどちらが良いのか、今回はその違いについてお話ししたいと思います。

インプラントとは


インプラントとは、歯を失ってできた隙間に人口の歯(歯根)を顎の骨にねじ込む治療の事です。
外科的な処置が必要なので部分麻酔を使用し治療を行います。

インプラントの構造

インプラントは3つの部分で構成されています。
1つ目は『人口の歯根(フィクスチャー)』 、これは骨の中に埋め込む人口の歯根の事です。ネジのような見た目です。
2つ目は『アバットメント』、 人口の歯根と歯冠をつなげている部分です。
3つ目は『インプラントの歯冠』、 見える歯に当たる部分。ジルコニアなどの金属を不使用の物や、裏側を金属のメタルボンドなどが主な材質です。

インプラントのメリット

人口の歯根を埋め込むことで、後述のブリッジのように隣接している歯を削らずに治療出来ることが一応メリットと言えると思います。
また、同様に隣接している歯がない場合でも治療が行える場合がございます。

インプラントのデメリット

人口の歯根を埋め込むということにリスクを伴うのも事実です。
場合によっては下顎神経麻痺や舌神経麻痺などが上顎洞に穴をあけてしまうといった事が起こったりというリスクがあります。
その為、事前に詳しくしっかりと医師の説明をお受けになり、ご自身の病歴、アレルギーなどを十分に確認し、納得出来た場合に行うのがリスクの回避につながるかと思います。
インプラントの治療は100パーセント成功するというものではなく、失敗する可能性や、そもそもインプラントの治療を行えない場合もあります。

インプラントをできないケース

歯茎でおおわれている為肉眼では見えませんが、歯は歯槽骨という骨に埋まっています。
インプラントはその骨の中に人口の歯根を埋め込むんです。その為事前にCTを撮り、
埋め込むのに十分な骨があるのか、そして血管や神経の位置を確認する必要があります。
十分な骨が無い場合は、人口の骨やご自身の骨を移植する必要がある場合もありますし、
そもそも糖尿病や骨粗鬆症の方には治療を行えない場合もあります。

インプラントの治療期間

インプラントは治療期間が結構かかります。大体半年から1年は見ておいてください。

上の歯冠付ける前に「顎とインプラント歯根をなじませる」のが一番期間がかかり、これがなんと3〜6ヶ月かかると言われております。
通常インプラントの処置後3ヶ月で埋め込んだ人口の歯根と骨が結合し固くなっていきますが、
ちゃんと結合しない場合があるんです。
処置後に細菌に感染したり、喫煙、糖尿病、骨が軟らかい方に起こりやすいと言われています。
さっと行って、埋め込んで終了というわけにわ行かない、それほどに大きな手術なんですね。

インプラントの費用

大体、1本あたりが30〜40万円が相場ではないでしょうか。値段によって良し悪しが決まるものではありませんが、高額であればあるほどいい材料を使っている可能性が高いです。

ブリッジ治療とは

もう一つの方法としてブリッジ治療がございます。ブリッジ治療は金属製とかなら保険治療でも行っているポピュラーな治療です。
ブリッジは抜歯などで隙間の空いた箇所の両隣の歯を削り、欠損部とその両隣をつなげた歯をダミーの歯を被せる治療です。
橋渡しのようになるから、ブリッジといいます。

ブリッジのメリット

外科的処置が必要ないので体にやさしい

お体の状態が悪いかたにはインプラントより行いやすと思います。

費用が安く済む

その歯科医院によりますが、オールセラミックで欠損部・両隣合わせた3本で18万円前後です。(弊社価格)
インプラントが1本30万円~40万円するのに対してブリッジは安く済みます。金属やプラスティックであれば保険内での治療も可能です。

治療期間が短い

神経を抜いたりする必要が無ければ、最低1ヶ月半(2・3回)の治療で済みます。インプラントは1本の治療であっても半年から1年はかかります。

デメリット

隣の歯をたくさん削る必要がある

ブリッジは両の歯を削って土台にするため、対象箇所以外をどうしても削りたくない方には向きません。

両隣の土台の歯に負担がかかる

例えば3本つながったブリッジの場合、3本分の噛む力を2本の土台の歯で支えることになるため、健康で歯が残っている人と比べると負担はあります。

歯のない部分の骨が次第に痩せていくことがある

歯が無いので骨に刺激が届かず、骨が次第に痩せていくということが起こります。

メンテンナンスを入念にする必要がある

最低でも3本つながったものになるので、両隣との接合面の隙間の部分が天然歯と比べて清掃性が良いとは言えません。

ブリッジができないケース

支える歯が無いと橋をかけることはできません。
複数の本数欠損していて、両隣の歯がない場合は更にその両隣となるのですが、欠損している歯に対して支える歯が少ないと負担が大きくなるなります。

まとめ

インプラントが一本で独立した歯ということに比べ、ブリッジは最低3本つながった歯になります。
その点で土台となる歯を削る必要があり、その歯により負担がかかってしまうというところが主なデメリットでしょうか?

そしてインプラントとブリッジ以外にもう一つ、別の治療方法として、『部分入れ歯』という方法もあります。
両サイドの歯にフックを掛け固定するので、ご自身で着けたり外したりできます。その反面、やはり安定感は低く、食事の後に取り外して洗うなど面倒になる方も多いです。
保険でも保険外の自費診療でも対応でき、自費だとフックの部分を歯茎の色に似せたものにできたりします。自費になると金額的には8万円~15万円程度です。

インプラントとブリッジ。どちらにするにしても、メリットとデメリットが出て来ます。
インプラントは一本で独立した歯ですから周囲の歯を削ったりすることなく負担をかけずに済みますが、外科的な処置が必要になり高額。
ブリッジはインプラントと比べお安く済む場合が多いですが、両サイドの歯を削って土台にする必要があり、その土台の歯に負担がかかってしまう。

歯が欠損していることでの悪影響があります

どちらの治療にも抵抗があるからといって欠損している歯を治さずに放置していることは良くありません。
歯は隣り合わせで支え合っているので隙間ができるとその場所に残りの歯が傾き歯並びが悪くなります。

どちらを選択するにしても、その治療方法のメリット・デメリットをよく考え、そのうえで納得のいく治療方法を選ばれてくださいね。

お問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯って溶けるの!?オールセラミックはどうなの?

  2. ビジネスマンの武器はきれいな歯

  3. 症例別、オールセラミック治療の期間の一覧

  4. オールセラミック治療の流れをご説明します

  5. Japan Dental Frontierのオールセラミックサー…

  6. まだらな色の歯の治療方法。テトラサイクリンは白くできるのか。

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 小さい頃、小学生の時、虫歯だったり歯並びが悪かったり、転んで破折して義歯、それも保険の歯(前装冠)を…
  2. みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、…
  3. 他の人と比べて歯が小さいと思ったことはありませんか?歯が小さいせいで、すきっ歯になってると悩まれ…
ページ上部へ戻る