一般歯科知識

歯の土台(コア)の種類は。ファイバーコアがオススメ?

大きな虫歯や歯の破折などが原因で神経を抜いた歯は、年々もろくなっていき、欠けたり割れたりというリスクが高くなります。
そこに被せ物をする場合は、寿命を延ばすために人工の歯の土台(コア)で歯を補強することがオススメです。
また、すり減って短い歯にクラウン(被せ物)をする場合にも、コアで土台を作ることで治療ができるケースもあり、コアは目立たない部分ですがとても重要な治療です。
歯の土台(コア)には、「ファイバーコア」「セラミックコア」「ゴールドコア」「メタルコア」「レジンコア」などの種類があります。
それぞれの特徴をまとめましたので、ご覧ください。

そもそもコアとは

歯のコア(土台)とは神経を治療した歯が割れないようにするために補強する芯です。
神経がない歯は、歯の新陳代謝がなく、乾燥をし、物理的に穴も開いているため、割れる可能性が高くなります。そのため、歯に芯としてコアを入れることで、歯の補強をし、割れにくくします。

保険治療と自費診療で選べるコアが違う

被せ物(というか治療全体)が保険診療なのか自費診療なのかで、選べるコアは変わります。
保険治療は最低限の治療となるため、選べる種類も少ないです。
・メタルコア
・レジンコア
主にこの2種類になります。医院によってはどちらか片方しか取り扱いがない場合もあります。

自費診療は保険外なので、何でも好きなものを選ぶことができます。
・ファイバーコア
・セラミックコア
・ゴールドコア
主にこの3つになり、一番人気なのはファイバーコアですね。
オールセラミックの治療は保険外の自費診療になりますので、基本的にそれに伴う神経の処置が必要になった際使用する歯の土台も保険外の自費診療となります。
メタルコア・レジンコアを選ぶこともできますが、自費診療扱いになるので保険より高くなり、あまりメリットはありません。
ただし、元々保険治療の際に装着した、メタルコアやレジンコアをそのままにして自費診療のオールセラミックの被せ物をするようなことは十分にございます。

それぞれのコアのメリット・デメリット

ファイバーコアとは

グラスファイバーの芯とレジン(プラスチック)によって作られている土台です。
グラスファイバーしなる性質を持っており、硬さや弾力性が天然の歯に近いので、強い力がかかった場合でも歯根へのダメージを吸収します。メタルコアと比較すると歯や接着剤とも一体化しやすいという特徴があります。歯の大部分を失った歯の治療にもより適した土台です。
また、当然白いコアなので、歯から透けて黒くなるということはありません。

メリット

・硬さや弾力性が天然歯に近いので、歯にダメージが少ない
・強度が高く、弾性(しなり)があり、耐久性がある
・光の透過性があり歯に似た白さなので、透明感のある歯を再現できる
・金属を使用しないので、金属アレルギーや歯茎の変色などの心配がない

デメリット

・基本的に保険が適用されないため、レジンコアやメタルコアより費用がかかる(1本1〜3万円程度)

セラミックコアとは

セラミックコアも白いコアのため、ファイバーコアのようにオールセラミックの被せ物の際に使用するコアになります。
オールセラミックの被せ物をする場合には相性が良いのですが、取り扱いをしている医院がすくないのであまり普及はしておりません。

メリット

・セラミックと同じ素材なので、接着などの相性がいい
・光の透過性があり歯に似た白さなので、透明感のある歯を再現できる
・金属を使用しないので、金属アレルギーや歯茎の変色などの心配がない

デメリット

・保険が適用されず、値段が高い(1本2〜3万円程度)
・取り扱い医院が少ない

ゴールドコアとは

ゴールドコアは、金合金(20K)や白金加金(PGA/プラチナ加金)などの貴金属を使用した保険適用外の土台です。

メリット

・強度が高く、耐久性がある
・金属の溶け出しによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配が少ない

デメリット

・硬く弾性がないため、歯根が破折することがある
・保険が適用されず、金属使用量で金額関わる場合もあるため、非常に高価(1〜4万円)
・ファイバーコアやレジンコアより歯を削る量が多い
・光が透過しないため、オールセラミックの自然な透明感を再現しにくい

メタルコアとは

保険治療で最も一般的に使用されている金属(銀合金)の土台(コア)です。
銀合金はお口の中で溶け出し、歯や歯茎に浸透し黒くしてしまったりします。
天然の歯よりも硬いので、強い力がかかった場合に歯が割れたりするリスクが高いです。

メリット

・保険適用のため治療費用が安い(保険の場合1000円程度、自費でも3000円程度)
・金属なので強度が高い

デメリット

・素材が金属なので歯より非常に硬く弾性がないため、歯根が破折することがある
・ファイバーコアやレジンコアより歯を削る量が多い
・金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がある
・光が透過しないため、オールセラミックの自然な透明感を再現しにくい

レジンコアとは

金属のピンで補強し、周りを保険適用のプラスチックで固めた土台です。

メリット

・保険が適用されるため費用が安い
・歯を削る量が比較的少ない
・メタルコアと比べると歯根が破折する危険性が低い
・金属の溶け出しによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配が少ない

デメリット

・ファイバーコアより弾性(しなり)や強度、耐久性が低い
・金属を使用しているので暗い影があり、ファイバーコアより透明感が劣る

どのコアを選ぶのがいいのか

治療が自費なのか保険なのかで変わります。保険の場合は選択肢が少ないので、医院で取り扱いのあるものになります。

自費診療の場合は上に被せるものによって、コアを選びたいですね。

中が金属で表面がセラミックでできているメタルボンドなら

元々透明感が低いので中のコアが金属でも、色味に関しては気にならないと思います。歯へ多少の負担や金属アレルギーなどを気にしなければ、メタルコア、ゴールドコアでも良いと思います。
もちろん、ファイバーコア・セラミックコアでも良いと思います。

金属を一切使用していないオールセラミックなら

断然ファイバーコアかセラミックコアがいいと思います。この二つの中であればあとは歯科医院で取り扱いがあり、医師のオススメの方にすればいいと思います。
メタルコアはセラミックの表面から色が透けて少し暗くなってしまうので、色にこだわる方は避けた方が無難です。

既に入っているメタルコアは交換できるのか

カウンセリングをしていて意外と多いのは、既に保険の被せ物が入っていて、それを綺麗なオールセラミックに変えたいというお客様です。
そういったお客様の多くは既にメタルコアが入っており、そのメタルコアもファイバーコアに交換するのかを悩まれております。

交換すべきかどうかと聞かれたら、「それは個別の歯の状況によりけり」としか申し上げられません。

コアというのは外れては良くないので、歯にガッチリと接着いたします。
そのため、コアを外すときは場合によっては残りの歯を少し削らなければいけないので、単純に残りの歯の量が減ります。
残りの歯の量が減ると聞いて、あまりいい気はしませんよね。
やりすぎると残りの歯が根元で折れてしまうということになりかねません。
そのため、交換できるかどうかはその人の歯の状況によります。
レントゲンや被せ物を外して判断をするので、交換をしたい場合は治療する歯医者に確認をしてみてだくさい。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから