オールセラミック治療体験談

オールセラミック体験談〜4.ファイバーコア(土台)の装着

こんにちは。
この前は抜髄(神経を取る)までのお話をしたので、今回はその先の治療、コア(土台)立てのお話しをします。

コア(土台)とは

歯のコア(土台)とは神経を治療した歯が割れないようにするために補強する芯です。
神経がない歯は、歯の新陳代謝がなく、物理的に穴も開いているため、割れる可能性が高くなります。そのため、歯に芯としてコアを入れ、歯の補強をいたします。
そのコアもいろいろな何種類かあり、当然歯にとって優しい良いものほど金額が高くなるわけです。
その時はファイバーコア・メタルコアから選択ができました。
ちなみにそれぞれの特徴はこんな感じでした。

ファイバーコア


ファイバーコアとはグラスファイバーの芯として周りを歯科用のプラスチックによって作られる歯の土台で、日本におけるオールセラミック治療では一番人気のあるコアとのことでした。グラスファイバーの心棒は硬いだけでなく、しなる性質も持っており、歯にかかる嫌な力をある程度低減してくれます。
また、ファイバーコアは色が白いため、被せ物から黒く透けることがなく、歯の白さを出しやすいです。
金属を使ってないので金属アレルギーの原因にはなりません。

メタルコア


メタルコアは金属でできたコアで、保険治療で主に使用されます。
金属の浸透した歯の根は黒く見え、虫歯のようにみえてしまったり、歯ぐきまで浸透し、歯ぐきが黒くなってしまう事もあります
歯を削る量が多くて、メタルコア自体が硬めのため、歯根に対して優しいとは言えず最新の治療とはいいがたいものです。
それに金属アレルギーになる可能性があります。
患者さんでも結構多いのが、以前保険治療をして銀合金(メタルコア)を入れてて、加齢と共に歯茎が下がってきてしまい、歯と歯茎の間にメタルコアが見えてしまって黒ずみになってると言うケースがあります。この場合、メタルコアを除去できれば除去してセラミックを変えれば、今の現状よりは黒い部分が少しはセラミックで隠せるとは思いますが、完全とは難しいかも?ですね~
その人の現状によりけりですけど。
コアについて詳しくはこちらの記事「歯の土台(コア)の種類は。ファイバーコアがオススメ?」もおすすめです。

メリットが大きいファイバーコアにすることに

こういった事も含めて、私はファイバーコアがいいな~と思い、ファイバーコアを入れようと決めました。
さてさて治療に入ります。
神経を取った後、薬を入れて終わっておりましたね。その後、コアを装着するために歯を削って小さくして、歯に穴を開けました。空いた穴に接着剤みたいのを入れて、その中にファイバーコアの棒、ファイバーポストというものを入れていきました。入れ終えたら、青い光をあてて、「ピッ」と鳴ったら、違うところに光をあて、また「ピッ」鳴ったらの繰り返しをしてました。これは光重合(ひかりじゅうごう)と言って光により固まる接着剤です。
この作業を、神経を抜いた歯4本全てにしました。どうなってるのか気になって先生に「鏡をみていいですか?」と聞き、鏡を除いたところ。。。。。あっはははは~と爆笑でした。
歯が半分もないくらい小さい歯になってて、すきっ歯で、恥ずかしいくらい変な顔でした。
本当に貧相に見えて、あまりにもおかしいので写真を撮ってしまいましたよ。
今もありますが、みなさまにはお見せできません。お嫁に行けなくなってしまうくらい、恥ずかしい写真でした。もし、みなさんも体験する事がありましたら、是非、自分の歯と顔をみてください。
結構、強烈でドン引きしますよ。

その後は、そのままでは帰れませんので仮歯を作ってもらいました。私の場合は以前の仮歯は合わなかったので再度、今現状の形に合わせて作ってもらい、それをはめて完了です。場合によっては前の仮歯をそのまま使うこともあります。

歯の中の治療はこれで終わりです。ここまで長い時間かかりました。でも、歯の中の治療が1番大事治療時です。ここをおろそかにしてしまうと、のちのちセラミックを入れてから歯が痛くなったりして大変な事が起こらないように気を付けましょう。

次回は、歯の形状と色選びです。わくわくします。

オールセラミック体験談の記事一覧

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから