menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯の美容ブログ

カテゴリー:歯科一般知識

20代の頃ボディーボードの修行の為オーストリアに長期滞在をしました。もちろん!その時はガチャ歯のまま、そこまで気にせず行ってきました。現地に着いて毎日が楽しいひと時で、色んな人達と出会いました。でも必ず始めに言われたのが『why?』、、、何で歯並びが悪いの?…

成人式、就職活動、留学、入社式など、学生中に迎えるイベントは沢山ございます。弊社でもこういったイベントに向けて治療をお受け頂く患者様は多くいらっしゃいます。オールセラミックでの治療ならワイヤー矯正に比べ、比較的短期間で治療が可能ですが、それでも1回や2回で終わるものではありま…

『歯に詰め物や被せ物したけど、どのくらいもつんでしょうか?』カウンセリングを行っていると、毎回と言っていいほどこの質問がきます。オールセラミックは保険の被せ物より高価なものなので皆さん気になりますよね。オールセラミックそのものは「10〜20年」持つと言われてお…

年々食事の際に、歯と歯茎の間に食べ物が詰まりやすくなってきたという方も多いのではないでしょうか?もともと隙間が空いていた訳ではないのに、なんで詰まりやすくなったんだろうと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。では、なぜ歯にがつ…

弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝ているときのことなので、わからないです』とお答えになります。歯医者さんやご家族に指摘されたことがある方は自覚できているのですが、歯ぎしりを自分で自覚している方は少ないなと感…

みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、乳歯だと20本です。ですが、実は近年永久歯がもともと少ない、生えてこない『先天性欠如』の方が増えていると言われています。日本小児歯科学会が、全国の7歳以上の子ども約1万…

他の人と比べて歯が小さいと思ったことはありませんか?歯が小さいせいで、すきっ歯になってると悩まれている方はいらっしゃいませんか?平均的な大きさを基準とした歯よりも異常に小さい歯の事を『矮小歯(わいしょうし)』と言います。…

欠損歯、歯が抜けた方でもオールセラミックのブリッジで治療をすることで治療をすることが出来ます。歯茎の病気や事故などで歯が抜けてしまった方、あるいは抜かなければいけなかった等、生まれつきの先天性欠損など理由はあると思いますが、多くの場合はオールセラミックで改善できます。…

弊社の患者様でも前歯の歯並びに次いで多いのが「銀歯の交換」治療になります。保険の場合4番目以降は銀歯であることが多いので、子供の頃に入れた銀歯とか、虫歯でとりあえず入れた銀歯をお金に余裕ができたから交換したいという人が多くいますね。銀歯は奥歯に使われることが多いのです…

天然歯だけど、歯がまだらであったり、透明感が強い歯の場合テトラサイクリン歯の可能性があります。テトラサイクリン歯はその名の通り幼少の頃に摂取したテトラサイクリン系の抗生物質が原因とされ、歯の内部が変色してしまっているのです。テト…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 沢山の本数の治療をお得にされたいというお客様のご要望にお応えし、「4本以上」の治療をして頂ける方に対…
  2. 男性も歯並びをオールセラミックで治すのが当たり前になってきました。株式会社Japan Denta…
  3. Japan Dental Frontierのカンセリングの流れを写真付きでご案内いたします。…

小学生の時からのガタガタの歯並びを大人になってからオールセラミックでキレイにしました。今はその実体験を生かし審美歯科のカウンセラーをしております。

ページ上部へ戻る