menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯の美容ブログ

カテゴリー:一般歯科知識

患者さんで歯ぎしりや、噛みしめをしてる人が多いです。口の中を拝見しますと、本当に歯がすり減っていて歯が短くなってる人もいますし、歯の表面のエナメル質がなくなって、柔らかい象牙質がむき出しになってます。歯ぎしりや噛みしめをするとどのような事が起きるか?当然、歯並びが悪く…

弊社でカウンセリングさせていただいたお客様の中にも、歯がなくなってしまった方で、『インプラント』と『ブリッジ』のどちらかで迷っいる方が多くいらっしゃいます。虫歯の状態がひどく抜歯してしまった場合、歯根がゆるくなって抜けてしまった場合などの治療としてどちらが良いのか、今回は…

オールセラミックの被せ物で「治療中に歯抜けになるのは困る」とか「仮歯をつけるタイミングはいつ?」ということを治療をされる前によく聞かれます。治療前に私も思った疑問でした。ズバリ答えとしては支台歯のままということは基本的になく仮歯が入るので、怪獣のようなギザギザの状…

大きな虫歯や歯の破折などが原因で神経を抜いた歯は、年々もろくなっていき、欠けたり割れたりというリスクが高くなります。そこに被せ物をする場合は、寿命を延ばすために人工の歯の土台(コア)で歯を補強することがオススメです。また、すり減って…

ピックアップ記事

  1. Japan Dental Frontierは通常でも大変低価格でオールセラミックを提供しておりますが…
  2. 当サービスでも成人式を目的として歯並びの治療をされる方が沢山おります。キレイな振り袖やかっこ…
  3. 9月より行っておりました、「4本以上で5000円お値引きキャンペーン」につきまして、大変ご高評のため…

小学生の時からのガタガタの歯並びを大人になってからオールセラミックでキレイにしました。今はその実体験を生かし審美歯科のカウンセラーをしております。

ページ上部へ戻る