menu
閉じる
  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
閉じる

歯の美容ブログ

カテゴリー:症例別治療方法

欠損歯、歯が抜けた方でもオールセラミックのブリッジで治療をすることで治療をすることが出来ます。歯茎の病気や事故などで歯が抜けてしまった方、あるいは抜かなければいけなかった等、生まれつきの先天性欠損など理由はあると思いますが、多くの場合はオールセラミックで改善できます。…

今回の患者さんは20代後半~30代前半に女性です。右上前歯の1番目の歯(右上1)が斜めに捻転していて、その歯を真っ直ぐにしたいと希望でした。この患者さんは、今まで虫歯になった事がないので、ほとんど歯科治療を行ったことがないようです。ここまで健康な状態の人は、中々珍しか…

歯並びを気にされている方の中には、不正咬合という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?読んで字のごとく『不正咬合=正常ではない噛み合わせ』という意味になり、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを指します。もっと詳しく言うと、出っ歯(上顎前突)、すき…

『歯がねじれて生えている』と言われて、どういう歯を想像しますか?ねじれているということは、他の歯と違いまっすぐに生えておらず回転した形で生えているという事です。まっすぐ生えている歯の中に捻転歯があると、やはり客観的に見て決して見…

こんにちは。患者さんに、芸能人みたいに白い歯にしてくださいとよく言われます。芸能人でも白さは色々とあり、自然な範囲での白い歯の方もいれば、あえて歯を目立たせるレベルで白い歯を入れている人もいます。度合いによって歯を白くする方法がかわります。歯を白くする方法…

『すきっ歯』はその名のとおり歯の隙間が開いている歯のことです。多くの場合は一番真ん中が開いていることを指しますが、他の箇所が空いていてもすきっ歯なのは変わりません。すきっ歯は歯が開いていて、マヌケなイメージも持たれがちなので、見栄えが気になる方は治す方が良いと思います…

不正咬合と呼ばれるもの中に『開咬』というものがあります。読んで字のごとくなんですが、上下の歯を噛み合わせたとき、前歯や横の歯の間に隙間が空いていて、噛むことができていない状態のことです。例えば、普通に奥歯同士を噛み合わせ…

前回、1本での治療が可能だった話をしましたね。該当記事「1本引っ込んでいる歯並びは、1本だけで治療ができるのか」今回は違うパターンで、1本凹んでいる歯をブリッジで行った治療を紹介します。治療箇所は前回の人と同じようにで、右上2が舌側に引っこんでます。笑…

最近、特に若い人で多いのが、前歯の歯並びで、1本だけ舌側に引っこんでる方です。顎の成長に対して歯が大きい事により、歯の入るスペースがなく奥にずれてしまうんですね。1本だけ舌側に引っこんでるので、1本で治療できるだろう~と思われてくる人が多いです。しかし、元々1本が…

反対咬合と聞いて何のことかわかる方はいらっしゃいますか?恐らく、大多数の方は『受け口』や『しゃくれている』と聞いたらお分かりいただけるかと思います。反対咬合は、他の不正咬合に比べて顎の位置なども変わるので、治療の難易度は高いものとな…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. Japan Dental Frontierは通常でも大変低価格でオールセラミックを提供しておりますが…
  2. 当サービスでも成人式を目的として歯並びの治療をされる方が沢山おります。キレイな振り袖やかっこ…
  3. 9月より行っておりました、「4本以上で5000円お値引きキャンペーン」につきまして、大変ご高評のため…

小学生の時からのガタガタの歯並びを大人になってからオールセラミックでキレイにしました。今はその実体験を生かし審美歯科のカウンセラーをしております。

ページ上部へ戻る