menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯の美容ブログ

カテゴリー:歯のコラム

『歯に詰め物や被せ物したけど、どのくらいもつんでしょうか?』カウンセリングを行っていると、毎回と言っていいほどこの質問がきます。オールセラミックは保険の被せ物より高価なものなので皆さん気になりますよね。オールセラミックそのものは「10〜20年」持つと言われてお…

年々食事の際に、歯と歯茎の間に食べ物が詰まりやすくなってきたという方も多いのではないでしょうか?もともと隙間が空いていた訳ではないのに、なんで詰まりやすくなったんだろうと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。では、なぜ歯にがつまりやすくなったのでしょうか?今…

弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝ているときのことなので、わからないです』とお答えになります。歯医者さんやご家族に指摘されたことがある方は自覚できているのですが、歯ぎしりを自分で自覚している方は少ないなと感…

現代に生きてる私たちが日常的に食べたり飲んだりするものは、一昔前と比べるとずいぶん変わってきています。例えば、体を動かした後や暑い日なんかには炭酸飲料がかかせないですよね?間食にすっぱいグミや飴を食べられる方も多いのではないでし…

皆さん、『二次カリエス』という言葉をご存知でしょうか?大人の虫歯には、『歯の溝や歯間に出来る虫歯』『歯茎との接点に出来る虫歯』『歯周病で歯肉が退縮し、露出した歯の根の部分に出来る根面う蝕』そして被せ物をした人に起こる『二次カリエス』があります。」二次カ…

写真や鏡でお口を大きく開けて写っている自分を見たときに、ご自分で考えている以上に銀歯の詰め物が目立ってみえて気になるな~と感じたことはありませんか?日本では10〜20年前の治療では、奥歯の保険治療では金属製が主流でした。ですが最近では、保険適用内でも金属ではない白…

ビジネスの世界で特に欧米では肥満や喫煙以外に『歯が綺麗かどうか』が就職に影響を及ぼしたり、出世にまで影響する場合があると言われています。歯並びが悪かったり、歯が極端に黄色かったり黒ずんでいたりすると見た目が悪いだけではなく、仕事にま…

オールセラミックは人口の被せ物ならではで自由な色選びができます。歯の色のことをシェードといい、それを決める目安をシェードガイドと言います。今現在の歯の色に合わせる事も出来ますし、今より白くする事も出来ます。しかもどれだけでも。それこそ人工なので不自然なほどの白…

人生のターニングポイントとして成人式は欠かせません。女性なら振袖を着たり、男性ですと袴やスーツをビシッと決め、結婚式の次に身だしなみに気合の入る日です。一生に1度、それも20歳と言う若い時の姿ですので、さぞかし綺麗、カッコイイと思います。でもそんな時、せっかく…

歯を綺麗にするためにオールセラミック治療をお考え、または治療済みの方も多いと思いますが、オールセラミックのを長持ちさせるためにも、特性をより良く知ってお付き合い頂ければと思います。オールセラミックは汚れない、ケアも簡単。なんて思われ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 『歯に詰め物や被せ物したけど、どのくらいもつんでしょうか?』カウンセリングを行っていると、毎…
  2. 年々食事の際に、歯と歯茎の間に食べ物が詰まりやすくなってきたという方も多いのではないでしょうか?…
  3. 掃除機かけ、雑巾で床を拭く、ワイパーでほこりを取る、年末の大掃除などで、我々は色々なお掃除をおこ…
ページ上部へ戻る