menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

自覚のない歯ぎしりに注意。オールセラミックは特に注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝ているときのことなので、わからないです』とお答えになります。

歯医者さんやご家族に指摘されたことがある方は自覚できているのですが、歯ぎしりを自分で自覚している方は少ないなと感じます。

歯ぎしりは無意識に歯を前後や横方向にすり合わせたり噛みしめたりする行為です。
大小はありますが、実は日本人の70%~80%が歯ぎしりをしていて、その多くの人が自覚していないことが多いんです。
歯ぎしりがあるとお答えになる方は一緒にお住まいの方からの指摘ですね。

朝起きるとなんとなくだけど、顎のあたりが痛かったり違和感があったり、寝起きなのに顎が疲れていると感じたりしたことはある方は寝ている間に歯ぎしりをしている可能性が高いです。

歯を強くこすりあわせながら『ギリギリ』『ギシギシ』『ゴリゴリ』と大きい音を出していても、寝ている状態ではなかなか気づけないですよね。
そして、噛みしめたりしている場合は、音もでないのでご家族でも気づくのは難しいものです。

歯ぎしりによって歯に強い力が加わると、歯がすり減り、割れたり、揺れたりして危険なことも多いのです。今回は歯ぎしりの原因、症状、治療法についてお話ししていきたいと思います。

目次

そもそも歯ぎしりとは

まず、歯ぎしりってどのくらいの力がかかっているのかご存知方はいらっしゃいますか?

実はご自身の体重の約3倍の力がかかっていると言われています。(個人差はございます。)
体重が50㎏の女性なら150㎏、体重が70㎏の男性なら、なんと210㎏の力がかかっていることになります。

そんは大きな力で、毎晩ギリギリゴシゴシと強く上下の歯をこすり合わせていては、歯がすり減ったり、割れたりするのは当然ですよね。

そして歯ぎしりには大きく3つの種類に分けることができます。

【1】 グラインディング


これは、歯をこすり合わせるタイプの歯ぎしりです。一般的に歯ぎしりと呼ぶときは、このタイプのこと
をさすことが多いです。グラインディングの特徴は、ギリギリと歯をこする音が聞こえる事です。歯を
こすり合わせるので、そのせいで歯の表面が削れてしまいます。

【2】 クレンチング


これは、上下の歯を強烈に噛みしめるタイプの歯ぎしりです。クレンチングの場合は、歯ぎしりのタイプの中でも音がしないことが特徴と言えます。音がしないので、ご家族でも歯ぎしりをしていることに
気が付かず、自覚のない人も多いです。気づかず放置するとあごに大きな負担が掛かるため、顎関節症になりやすくなります

【3】 タッピング


これは、歯をカチカチと音を鳴らすタイプの歯ぎしりです。上下の歯をタップするようにカチカチするタイプなので、どうしても音が鳴ります。グラインディングとは、音の鳴り方で判別できます。
タッピングは、グラインディングやクレンチングと比較して少数派になります。ですが、歯の表面や顎に負担がかかることに変わりはありません。

以上3タイプの歯ぎしりがありますが、どのタイプであれ歯や顎に負担がかかることに変わりはありません。

歯並びの原因

では、そもそもなんで歯ぎしりをしてしまうんでしょうか?
歯ぎしりの原因となりうるものには、以下のようなものがあります。

① 歯並びや、歯の噛み合わせが悪い

歯並びは骨や筋肉がやわらかい若いうちは歯ぎしりにあまり影響はありません。
しかし、加齢とともに筋肉や関節の柔軟性が失われてくると、歯並びの悪さを補うことができず、歯ぎしりの原因となってしまいます。
そして、噛み合わせは常に変化しており、成長や加齢、歯周病、歯のすり減りなどの変化に対応するために、歯ぎしりによって噛み合わせを自分で調整しているんです。

② 大きいストレス

歯ぎしりをしていると聞いて、一番の原因と考えられるのがストレスです。ストレスから肩こりになるように、ストレスによる緊張によって筋肉が張ってしまって歯ぎしりが起こることがあるんです。

③ 歯を食いしばる癖がある

寝ているときではなく日中に食いしばりを多くしてしまっている人は、筋肉が記憶していて寝ているときも同じように食いしばりを行ってしまいます。
子供の指しゃぶりと同じように無意識に行ってしまうんです。

④ 過剰な飲酒や喫煙の習慣がある

アルコールの摂取によって睡眠が浅くなったり、体が水分不足になり眠りが妨げられると、それがストレスとなり歯ぎしりが引き起こされることがあります。
そして、タバコに含まれるニコチンは不眠を起こす原因と考えられています。
不眠になると自然とストレスを感じやすくなってしまい、そのストレスが原因で歯ぎしりをしてしまうということが良くあるんです。

⑤ 逆流性食道炎

逆流性食道炎は、何かの理由で胃酸が逆流して、その酸が原因で食道に炎症が起きてしまうという病気です。
歯ぎしりとどう関係するのかというと、逆流性食道炎の特徴である胃酸が逆流して上がってくると口の中が胃酸の作用で酸性に傾きます。
そうすると体は口の中を中性に戻そうとするために唾液を分泌しようとして無意識に歯ぎしりをしてしまうんです。

以上のようなことが、歯ぎしりの原因として挙げられます。
思い当たる節はありませんでしたか?

普段行っている癖や、日頃溜まっているストレスなどが関係して、無意識下に歯ぎしりしてしまって
いるんですね。

歯ぎしりの悪影響

では、歯ぎしりをそのまま放っておくとどのような悪影響がでてくるんでしょうか?

まずは歯に対しての悪影響です。

【1】 歯への悪影響

歯ぎしり・食いしばりで歯に強い負荷がかかると、時には歯が割れてしまうこともあります。

これを歯牙破折(しがはせつ)といい、特に神経が通っていない歯に起きやすいので、注意が必要です。
歯が割れてしまうと、その亀裂に小さな隙間が生まれ、そこから細菌感染が始まります。

骨には細菌から逃げるようにみずから形を変えていく性質があるため、細菌感染が進むとどんどん歯槽骨が逃げて(下がって)しまいます。

これは、歯周ポケットが深くなることでもあるので、そこに細菌が住みつきやすくなり、結果的に歯茎に炎症が起こります。

ここまで進行すると歯を抜かざるをえませんが、歯茎の炎症が起きる最終段階まで歯牙破折に気付かない方は非常に多くいるので注意が必要です。

【2】 歯茎や歯を支える歯槽骨への悪影響

咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)という言葉をご存知でしょうか?

咬合性外傷とは、無意識に歯ぎしりを行い必要以上に強い力で歯を噛みしめたりすることによって、歯と歯槽骨の間にある歯根膜(しこんまく)と歯槽骨にダメージを与え、これらの支えが弱くなり歯はだんだんと揺れるようになって行くことです。

咬合性外傷には、一次性と二次性がありますが、上記のような歯ぎしりや食いしばりが原因の症状は一次性になります。

この一次性咬合性外傷が進行し、歯が大きく揺れるようになってしまうと、歯槽骨はさらにすり減っていきます。
この状況を歯がすりこぎで、歯槽骨がすり鉢であると例えられることもあります。

歯槽骨は、外からダメージを受けるとどんどん減っていく性質を持っていますので、このまま放っておくと、最終的には歯を抜くしか手段が無くなってしまいます。

【3】 顎への悪影響

代表的なものとして、顎関節症が挙げられます。顎関節症は現代病ともいわれており、その患者数は年々増加しているそうです。

顎関節症ときいて、『ああよく耳にするし、たいしたことないんじゃ?』と思われる方も多いと思います。
ですが、顎の違和感や痛みに始まり、重症化すると口が開かなくなってしまうこともある恐ろしい病気なんです。

歯ぎしり・食いしばりが原因で、「朝起きたときにこめかみのあたりがこわ張っている、顎がだるい、顎が痛い、どこで咬んだらよいか分からない感じがする。」というのは、まさに顎関節症の症状です。
もちろん顎関節症と診断されるかどうかはその程度によるんですが、このような症状が見られる方は、顎関節症のリスクが高いと考えておいたほうが懸命です。
 
そんな顎関節症には5つの種類があるんですが、歯ぎしりが原因で起こるものは特にI型で、咀嚼(そしゃく)筋と呼ばれる顎を閉じる筋肉に障害が起こるものです。
下顎の筋肉を中心として痛みが出るという症状のものが多いです。

【4】 身体に与える悪影響

歯ぎしり・食いしばりの癖があると、筋肉は緊張し凝ってきます。そして頭痛などの症状が引き起こされ、どうしても睡眠の質が下がってしまいます。

すると、体は十分に休むことができず、それがまたストレスの原因になっていきます。
そもそも歯ぎしり・食いしばりは、おもにストレスによって起こるものなので、ストレスがストレスを呼ぶという『負の連鎖』が起きるということですね。
 
以上のような悪影響が歯だけではなく、顎や身体ににまで起こってきます。

【5】オールセラミックへの悪影響

そして、現在オールセラミックの被せ物をされている場合、その被せ物が欠けてしまう大きな原因になってしまいます。
オールセラミック自体は非常に硬いもので出来ていますが、あくまで日常生活においての十分な強度しかもっていません。
そのため、無意識下で起こるような強い歯ぎしりには脆く、欠けやすくなります。

歯ぎしりへの対策

たかが歯ぎしり、されど歯ぎしりです。
ではどういう対処の方法があるんでしょうか?

【1】 ナイトガード(マウスピース)を使用する


歯ぎしりはストレスなど原因があいまいで不明な事が多いので、治療を行なっても確実に止めることはできないものです。
ですが、そのままでは歯や顎などに悪影響を及ぼすためナイトガード(マウスピース)によって守る必要があります。
歯や神経を失ってしまうと元に戻すことはできないですが、ナイトガードは削れようが何度でも作り直せるのでお勧めします。

【2】 噛み合わせの治療をする

噛み合わせが悪いから歯ぎしりをするわけではありませんが、正しい噛み合わせにすることは重要です。
抜いた歯や治療途中の歯、虫歯などは治すことによって、左右両方でバランスよく噛めるように噛み合わせの調整が大事です。

【3】 歯科矯正

歯並びがキレイな方でも歯ぎしりをしていたりします。確実に歯科矯正をしたからといって歯ぎしりを止めれるわけではないのが現実です。
ですが、矯正治療後歯ぎしりや顎の痛みが軽減する患者さんは多く、歯科矯正も有効な手段の一つと言われています。

その他にも筋肉を緩める注射を打つなどの方法もございますが、そちらは専門医へ聞いてみてくださいね。

根本から解決するには

以上が歯ぎしりの対策となりますが、結局一番は『歯ぎしり・食いしばりをしない生活をする』という事です。

寝ている間(無意識時)以外、起きている間に食いしばりの癖がある方は、目の付きやすい場所に『食いしばり注意』などと書いた紙を貼って、歯を食いしばっていないか必ず確認するという方法を実践するのも一つの手だと思います。

起きている間の食いしばりには『意識改善』が効果抜群だと言われています。
(自律訓練法という方法もあるので気になる方は検索してみて下さい)

ここまでお話ししてきたように、歯ぎしりや食いしばりは周囲に迷惑をかけるというよりもご自身の歯や顎や身体、今お口に入っている被せ物などに悪影響を及ぼします。

根本から改善するには、一番の理由と言われている『ストレス』に対して向き合い正しい対処方法を知ることが大切だと感じます。歯ぎしり自体が、無意識のうちにストレスへの対応策として作用している場合もありますが、放っておけば体にどんどん悪影響を及ぼします。

歯ぎしりや食いしばりをしていると気づいた時には、早めに治療を受け、ナイトガードなどを活用し、できる限りの対策をすることが大事です。

ストレスに悩まされていない人なんかいない現代です。まずはご自身のストレスの状況・状態を知り、認識し改善を意識する事からはじめてみませんか?

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オールセラミック治療の流れをご説明します

  2. 歯って溶けるの!?オールセラミックはどうなの?

  3. 日本人は歯並びへの意識が弱い。海外では治すのが当たり前ですよ。

  4. 歯の本数は足りてますか??先天性欠如の治療方法

  5. ビジネスマンの武器はきれいな歯

  6. 出っ歯が気になる方へのオールセラミックの治療方法

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝…
  2. 小さい頃、小学生の時、虫歯だったり歯並びが悪かったり、転んで破折して義歯、それも保険の歯(前装冠)を…
  3. みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、…
ページ上部へ戻る