歯のコラム

結婚式も歯の写真写りを気にする時代に

最近はスマートフォンのカメラが高画質化してきたことや、一眼レフカメラが安くなったことにより写真がブームを通り越して日常的になってきております。
そしてインスタグラムやツイッター、またまたLINEなどによって写真をSNSにアップロードするのが当たり前になりました。

その波はどうやら結婚式にも来ているみたいで、式を挙げる新郎新婦に限らず出席する友人も「結婚式の写真をどれだけ可愛く、おもしろく撮るか」ということを楽しみにしており、そしてその写真をSNSで共有して、イイネを貰えることが嬉しいのです。
インスタグラムにとやかく言う人もいますが、それでコミュニケーションが増えて、みんなが思い出を残してくれることは私はとてもいい事だと思います。

結婚式×インスタグラムで倍楽しい

みたいです。

結婚式での写真は雑誌特集されるほどに

最近弊社が小さくですが掲載させていただいた「CLASSY WEDDING」という雑誌があったのですが、その雑誌の特集が「すべては人生最高の写真のために!」というのをキャッチコピーとして一番大きな記事で書かれておりました。事前準備とか結婚式場の選び方とかより優先順位が高かったですね。

雑誌自体に写っている方はプロのモデルさんなのですが、ウェディングフォトの雰囲気を知るにはとても参考になるものが多く、ぜひ見て頂きたいです。

その中で歯の治療サービスをしている私達が気になったのは

「笑っている写真の7割は歯を見せて笑っていた」

ということでしょうか。

歯を出した笑顔というのは、単純明快でとにかく楽しい、ハッピーというイメージです。
つい口が緩んじゃうような、笑顔でいることを我慢できないような。そういう感じ。
とにかく人生の中でも最高なときである、結婚式ではこういった表情をより多く撮るのも納得です。

逆に口を閉じた笑顔というのは悪く言えば作り物っぽく、良く言えば意味深な表情になり、艶っぽかったり、コケティッシュであったり男性をドキッとさせる表情にすることもできます。
ある意味ではストーリーをもたせることができるので、そういった写真を取りたいときには高等テクニックとして良いと思います。

歯を気にしているなら自分から率先して動きましょう

写真写りとかあまり気にしないという人はお金もかかりますし、無理に治す必要もないと思います。
でも、今の歯並びで写真を残されたくない、歯並びを気にせず式を過ごしたいと考えているなら、治療をおすすめいたします。
歯を気にするかどうかは周りからは言いづらいものですので、自分から率先して動くしか無いのです。

歯の治療は盲点だったという人は多くいます

すでに結婚式を終えている先輩方の意見として多いらしいのは「歯をキレイにしておくんだった」ということのようです。
このキレイは白くするだけであったり、それこそ歯並びであったりまちまちですが、撮影された写真を見て後から気づくことが多いんみたいですね。

結婚式をするとなったら、ブライダル業界の人達は事前準備のために様々なサービスを勧めてくれますが、エステとかネイル、髪のケア、シェイプアップとかばかりで、歯並びはあまり紹介されません。(歯はせいぜいホワイトニング)
これは他と違い歯並びの治療は医療行為に当たり、明確なプランがないから勧めにくいのこととが理由としてございます。
もう一点は、歯のコンプレックスはデリケートなことが多く、紹介することが「あなたの歯並びは悪い」と言っているようなものと捉えられる可能性があるので、中々踏み込めないんですね。

なので、歯並びはご自身で自覚をされて、率先して医院に行かれることを重要です。

歯を治す治療方法は

歯を白くされたいだけなら「ホワイトニング」で十分です。
歯並びを治していきたいなら「ワイヤー矯正治療」か「被せ物の治療」がございます。

ワイヤー矯正・・・歯にワイヤーを掛けて力を加えることで、元の歯の位置を変えていきます。一気に動かすことはできないので治療期間が1年以上はかかります。

被せ物の治療・・・元の歯を削り、その上にきれいな歯並び、形でかぶせることで治療ができます。前歯6本程度なら1ヶ月半〜3ヶ月程度が治療期間となります。

それぞれの直せる内容の違いは別記事「綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法」に詳細がございます。

歯並びは何ヶ月前に治療を開始するのが良いのか

すぐにでも歯科医院に行ってください!と言いたいです。
というのも歯科治療は医療行為になるので、治療期間は目安にしかなりません。
同じ箇所の治療であってもかみ合わせが変われば方法も違いますし、口腔内が弱い方だと治療期間が長くかかることがございます。

弊社のオールセラミックの被せ物でよくある症例では、おおよそ下記のような期間がかかります。

・前歯2本    ・・・1ヶ月半〜2ヶ月半
・上前歯6本   ・・・1ヶ月半〜3ヶ月
・上下前歯6本ずつ・・・3〜6ヶ月
・奥歯銀歯の交換 ・・・1ヶ月半〜3ヶ月

最低でもこのくらいの期間がないと治療ができない可能性が高くなります。

被せ物の素材に注意

結婚式となると他にもお金がかかりますので、できれば安く済ませたいとお考えかと思います。
被せ物の治療のは上に被せるものが何でできているのかで、金額が変わります。
良いものであればあるほど、キレイで安全で変色もいたしません。

オールセラミック
名前の通り全てがセラミックでできており、安全かつ審美性に最も優れており、変色はしません。。主流はIPS e.maxやジルコニアになります。しっかりと「オール」というのが名前に付いているか確認してください。

メタルボンド 
内部に金属を、見える部分にセラミックを使用し、比較的低価格ですが、金属はアレルギーや色素の沈着が気になります。

ハイブリッドセラミック
セラミックとプラスチックを混ぜており、比較的低価格ですが、オールセラミックに比べ変色します。○○セラミックという医院独自の名前で販売されていることもあるので注意してください。

弊社はオールセラミックを低価格で提供しております

弊社で結婚式などを控えた方にも是非ご利用いただけるよう「オールセラミック」を低価格の1本47,000円にてご提供をさせていただいております。一番お悩みの多い前歯6本の治療で32万円程度から治療可能です。
東京・横浜・名古屋・大阪にて提携医院が複数ございますので、是非、カウンセリングにお越しください。

すぐにお問い合わせをしたい方はこちらの電話番号までご連絡頂いても大丈夫です。

お問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから