menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯の美容ブログ

アーカイブ:2017年 6月

歯並びのを治したいとカウンセリングに来られる方の中に『八重歯』をどうにかしたいとご相談に来られる方が少なくありません。日本でも少し前までは可愛いとされていた八重歯ですが、今はあまりそのイメージは無く、子供っぽいと感じられる方が多いようです。。欧米では『吸血鬼の牙』、中…

弊社の患者様でも前歯の歯並びに次いで多いのが「銀歯の交換」治療になります。保険の場合4番目以降は銀歯であることが多いので、子供の頃に入れた銀歯とか、虫歯でとりあえず入れた銀歯をお金に余裕ができたから交換したいという人が多くいますね。銀歯は奥歯に使われることが多いのです…

天然歯だけど、歯がまだらであったり、透明感が強い歯の場合テトラサイクリン歯の可能性があります。テトラサイクリン歯はその名の通り幼少の頃に摂取したテトラサイクリン系の抗生物質が原因とされ、歯の内部が変色してしまっているのです。テトラサイクリン歯とはテトラサイクリン歯…

自費の審美歯科で被せ物として使われる材質には幾つか種類が有り、主にセラミック、金属、レジン(プラスチック)がございます。自費診療で主に使われるのはセラミック、保険診療では素材が安価な事から金属とレジンが主に使われております。その中で…

オールセラミックを被せる前に、歯茎の状態を整え引き締める必要があることをご存知でしょうか?オールセラミックだけではなく被せ物全般に言える事ですが、歯茎が腫れている状態でどんなきれいな被せものをしても、歯茎の腫れが収まった後に見た目が悪くなってしまうんです。歯茎が腫…

患者さんで歯ぎしりや、噛みしめをしてる人が多いです。口の中を拝見しますと、本当に歯がすり減っていて歯が短くなってる人もいますし、歯の表面のエナメル質がなくなって、柔らかい象牙質がむき出しになってます。歯ぎしりや噛みしめをするとどのような事が起きるか?当然、歯並びが悪く…

『歯のコンプレックス』を改善したいと考えているけど、実際にどういう流れで進むかわからず、不安で治療に踏み切れないという人も多いと思います。しかしオールセラミックはちゃんと理解をした上で治療を行えば怖くありません。怖がって治療に移れな…

以前、体験談でコンプレックスについて書かせていただきましたが、小学生のころから歯並びはガタガタで、口に手を当てないと笑えませんでした。その時の記事はこちら「小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる」弊社の患者様も半数以上はコンプレックスがある方ですが、…

最近はスマートフォンのカメラが高画質化してきたことや、一眼レフカメラが安くなったことにより写真がブームを通り越して日常的になってきております。そしてインスタグラムやツイッター、またまたLINEなどによって写真をSNSにアップロードするのが当たり前になりました。その波は…

ピックアップ記事

  1. 弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝…
  2. 小さい頃、小学生の時、虫歯だったり歯並びが悪かったり、転んで破折して義歯、それも保険の歯(前装冠)を…
  3. みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、…
ページ上部へ戻る