menu
閉じる
  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
閉じる

歯の美容ブログ

アーカイブ:2017年 5月

弊社でカウンセリングさせていただいたお客様の中にも、歯がなくなってしまった方で、『インプラント』と『ブリッジ』のどちらかで迷っいる方が多くいらっしゃいます。虫歯の状態がひどく抜歯してしまった場合、歯根がゆるくなって抜けてしまった場合などの治療としてどちらが良いのか、今回は…

前回で一応はセラミック治療は終わったつもりなので番外編です。その後奥歯も追加しましたので時間があれば読んで見てください。上下前歯をセラミックに変えましたが、1度変えるとセラミックの魅力は高く、残っていたの奥歯の銀歯が気になりました。私は口を大きく開けて笑う事が多く、銀歯が…

結婚式に向けての歯の治療は歯科医師目線では色々と書いてありますが、治療方法だったり医療的な見解が多いので、カウンセラー目線から結婚式前に治療をしておいた方がいいよ〜って思う理由を書いて見ます。女性(花嫁様)だけでなく、男性(花婿様)にも参考にしてほしいです。歯は笑顔に…

こんにちは。この前は、セラミックを入れたところまで話をしましたね。今回はその後の事をお話します。これでひとまず、体験談としては最後の予定です。歯を治してよかった!歯並びがきれいになり、歯を見せてよく笑えるようになりました…

前回、歯の色(シェード)選びの迷った事などをお話ししましたが、今回は歯の美しさを決めるもう一つの要素、「歯の形状」とそして「装着」についてお話しいたします。形状は要望を反映することが可能でした形状に関しては、どうしたらいいのか?ぶっちゃけわかりませんでした。ガタガタの歯列…

日本は海外に比べて歯の意識が低いことは知ってますか?歯医者の数はコンビニより多いのに意外ですよね。海外留学をされた方だと歯並びを指摘されるたこともあるんじゃないでしょうか。よく、海外の記事で歯並びのことを題材に上げた記事には日本人は歯並びが悪いということを指摘され…

こんにちは。前回歯の根元の治療が終わり、ファイバーコアを入れて仮歯で完了しました。今回は、形状と色選びのお話をしたいと思います。治療しない周りのはとの色の兼ね合いが色(シェード)選び。。。。(歯の色はシェードと言います。…

オールセラミックの被せ物で「治療中に歯抜けになるのは困る」とか「仮歯をつけるタイミングはいつ?」ということを治療をされる前によく聞かれます。治療前に私も思った疑問でした。ズバリ答えとしては支台歯のままということは基本的になく仮歯が入るので、怪獣のようなギザギザの状…

大きな虫歯や歯の破折などが原因で神経を抜いた歯は、年々もろくなっていき、欠けたり割れたりというリスクが高くなります。そこに被せ物をする場合は、寿命を延ばすために人工の歯の土台(コア)で歯を補強することがオススメです。また、すり減って短い歯にクラウン(被せ物)をする場合にも…

オールセラミックの治療をされる方はどうせなら、周りの歯を『ホワイトニング』で白くしてからもしたいと思われている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?実際、弊社のサービスをご希望されるお客様で、せっかく高価なオールセラミッククラウ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 20代の頃ボディーボードの修行の為オーストリアに長期滞在をしました。もちろん!その時はガチャ歯の…
  2. オールセラミックのカウンセリングをしていると「どういった人が治療をされますか?」という質問をされて、…
  3. 今回は、セラミックを付けたその後、どんな感じだったかをお話させていただきます。セラミックにして歯…

小学生の時からのガタガタの歯並びを大人になってからオールセラミックでキレイにしました。今はその実体験を生かし審美歯科のカウンセラーをしております。

ページ上部へ戻る