審美歯科知識

1本引っ込んでいる歯並びは、1本だけで治療ができるのか

最近、特に若い人で多いのが、前歯の歯並びで、1本だけ舌側に引っこんでる方です。
顎の成長に対して歯が大きい事により、歯の入るスペースがなく奥にずれてしまうんですね。

1本だけ舌側に引っこんでるので、1本で治療できるだろう~と思われてくる人が多いです。
しかし、元々1本が入るスペースがなかったことが原因ですので、人によっては1本での治療ができる人、できない人がいます。
今回は、そんな患者さんで1本で治療ができた症例をご紹介思います。
※あくまで一例なので実際には診させていただいてご判断となります。

1本だけ凹む原因

まずカウンセリングに来た理由は、1本だけ舌側に引っこんでるので見た目が気になると言う事が悩みでした。
もちろん見た目も大事です。ではなぜ?1本だけ舌側に入ってしまうのか?

硬い物を噛まなくなり柔らかい物を食べる事が多くなったせいで、顎が小さくなり、歯が並びきるスペースがなく、舌側や唇側にでてしまうと言われてます。

改善したほうがいい理由

①虫歯や歯周病や口臭がきつくなる

1本だけ舌側に入ってるので、歯ブラシが届きにくくなります。
磨き残しがあると虫歯や歯周病になり、そこから口臭の原因となり、周りの人に不快感を抱かせてします。

②更にかみ合わせが悪くなる

1本だけ舌側に入ってるので、その両隣と隙間があります。そのままにしておくと、その隙間を埋めるように、周りの歯が少しづつ動き噛み合わせがずれることもございます
かみ合わせがずれてくれば、肩こりや頭痛の原因とる場合もあり、健康にも良くありません。
一概には言えませんが、患者さんで肩こりが酷くて、噛み合わせを治したら肩こりが治ったと言う人もいますのでかみ合わせはは大事ですね。

こういった事を考えると、見た目以上に色々な事が起きるという事です。

1本で治療を行えた一例


今回の患者さんは右上2が1本舌側に入っており、歯並びの治療を希望でした。
こういった場合の治療方法として最もポピュラーなのが「隣の歯も治療しスペースを広げる」治療になります。
対象歯だけで行なうと細長い歯になったり、着ける角度がきつくなるので脱離しやすくなります。


更に理想な歯並びにするのであれば、対象を抜歯して両隣の歯を架け橋にしブリッジにいたします。

この内容で説明をしましたが、ブリッジはお金がかかり、また健康な歯を削り神経を取るのに抵抗感があるということで、1本での治療を希望されました。
上1.3の隙間が1本分のスペースがあったので1本での治療は可能と言う事でしたが、リスクがあります。

このケースで考えられるデメリット

右上2は神経は取り、ファイバーコアで傾きをかえるが、限界があるので分厚い歯、かなり表面に盛った歯になる事。
その為、噛み合わせの違和感や形状がいびつの為、脱離する可能性、欠ける可能性が高くなることがございます。

それでもいいと患者さんからの要望があった為、今回は1本での治療をしました。
セット後、確かに表面からの見栄えは綺麗で、上手く隙間に歯がはまったという感じで良かったです。

その後、1度だけ脱離してしまって医院装着に来ていただきました。
やはり形状がいびつな為、脱離のリスクは上がると先生も申していました。

ただ、これはあくまで一例で全ての方にできるわけではございません。スペースが狭すぎることや下の歯との噛み合わせによっては、先述の抜歯の方法や、周りの歯も治療してスペースを確保しなければいけません。
お客様の歯並びが1本で治療ができるかどうかはカウンセリングにて見させて頂く必要がございますので、気になっている方は一度お越しください。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから