menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯の美容ブログ

歯のコンプレックスを実際に治した東京の審美歯科カウンセラーが書く「歯の美容ブログ」

弊社のカウンセリングの中で、『歯ぎしり』をしているかどうか確認させていただいてますが、大抵の方は『寝ているときのことなので、わからないです』とお答えになります。歯医者さんやご家族に指摘されたことがある方は自覚できているのですが、歯ぎしりを自分で自覚している方は少ないなと感…

小さい頃、小学生の時、虫歯だったり歯並びが悪かったり、転んで破折して義歯、それも保険の歯(前装冠)を入れてる人は多いと思います。前装冠は金属を使用してたり、プラスチックが変色することで見栄えが悪くなっていることが多く、当サービスのでカウンセリングに来院される患者さんでも1…

みなさん、正常な歯の本数が何本かご存知ですか??一般的には永久歯が親知らずを含めずに28本、乳歯だと20本です。ですが、実は近年永久歯がもともと少ない、生えてこない『先天性欠如』の方が増えていると言われています。日本小児歯科学会が、全国の7歳以上の子ども約1万…

他の人と比べて歯が小さいと思ったことはありませんか?歯が小さいせいで、すきっ歯になってると悩まれている方はいらっしゃいませんか?平均的な大きさを基準とした歯よりも異常に小さい歯の事を『矮小歯(わいしょうし)』と言います。…

現代に生きてる私たちが日常的に食べたり飲んだりするものは、一昔前と比べるとずいぶん変わってきています。例えば、体を動かした後や暑い日なんかには炭酸飲料がかかせないですよね?間食にすっぱいグミや飴を食べられる方も多いのではないでしょうか?そして、当たり前のようにポン…

皆さん、『二次カリエス』という言葉をご存知でしょうか?大人の虫歯には、『歯の溝や歯間に出来る虫歯』『歯茎との接点に出来る虫歯』『歯周病で歯肉が退縮し、露出した歯の根の部分に出来る根面う蝕』そして被せ物をした人に起こる『二次カリエス』があります。」二次カ…

写真や鏡でお口を大きく開けて写っている自分を見たときに、ご自分で考えている以上に銀歯の詰め物が目立ってみえて気になるな~と感じたことはありませんか?日本では10〜20年前の治療では、奥歯の保険治療では金属製が主流でした。です…

欠損歯、歯が抜けた方でもオールセラミックのブリッジで治療をすることで治療をすることが出来ます。歯茎の病気や事故などで歯が抜けてしまった方、あるいは抜かなければいけなかった等、生まれつきの先天性欠損など理由はあると思いますが、多くの場合はオールセラミックで改善できます。…

今回の患者さんは20代後半~30代前半に女性です。右上前歯の1番目の歯(右上1)が斜めに捻転していて、その歯を真っ直ぐにしたいと希望でした。この患者さんは、今まで虫歯になった事がないので、ほとんど歯科治療を行ったことがないようです。ここまで健康な状態の人は、中々珍しか…

ビジネスの世界で特に欧米では肥満や喫煙以外に『歯が綺麗かどうか』が就職に影響を及ぼしたり、出世にまで影響する場合があると言われています。歯並びが悪かったり、歯が極端に黄色かったり黒ずんでいたりすると見た目が悪いだけではなく、仕事にま…

さらに記事を表示する

小学生の時からのガタガタの歯並びを大人になってからオールセラミックでキレイにしました。今はその実体験を生かし審美歯科のカウンセラーをしております。

最近の記事

ページ上部へ戻る