menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

治療中には歯抜けになる?仮歯を装着するタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールセラミックの被せ物で「治療中に歯抜けになるのは困る」とか「仮歯をつけるタイミングはいつ?」ということを治療をされる前によく聞かれます。
治療前に私も思った疑問でした。

ズバリ答えとしては
支台歯のままということは基本的になく仮歯が入るので、怪獣のようなギザギザの状態という事はありません。
仮歯には2種類あり、その場で口腔内で制作するタイプと、予め技工所(歯の製作所)で制作しておくタイプがございますが、どちらのタイプでも支台歯を形成した日に装着をいたします。

仮歯のタイプと特徴

前述の通り、仮歯には作成する方法に2種類あり、「医院で作るタイプ」「技工所で作るタイプ」になります。
どちらのタイプで作るかは医院の取扱により変わり、両方取扱がある場合でも、医師の判断になるのでえらべるわけではありません。
それぞれの特徴は参考程度にお読みください。

医院で作るタイプ

医院で作るタイプは支台歯を形成、またはコアを立てたその日に、歯科医師が口腔内で直接仮歯を作る方法になります。

仮歯装着までの大まかな流れ

1.事前処置
2.支台歯の形成(またはコアの築造)・仮歯の装着

メリット

・型取りのために来院する必要がない
・本数が少ない場合は期間が短くなる可能性がある

デメリット

・本数が多いと口を開けっ放しで疲れる。
・医師の手作業のため、一度に多くの本数の仮歯を作成がしにくい。

技工所で作るタイプ

技工所で作るタイプは事前に型取りをし、歯をけずるより前に仮歯を用意しておきます。仮歯は支台歯の大きさに左右されないように、ある程度余裕を持って作成がされます。
歯を支台歯に削ったら、用意しておいた仮歯を装着します。

仮歯装着までの大まかな流れ

1.事前処置
2.仮歯の型取り及び制作
3.支台歯の形成(またはコアの築造)・仮歯の装着
※事前処置の最中に型取りを済ませることで短くなることもあります。

メリット

・事前に準備をしておくので、治療で疲れにくい
・一度に多くの本数を作成可能

デメリット

・仮歯の型取りの通院回数が減る

仮歯をその場で装着できない一例

基本的には歯抜けになることは少ないのですが、一部治療方法によっては装着ができず、歯抜けにせざるをえないばあいもございます。
例えば、抜歯をした場合に、抜歯痕の状況によっては傷を悪化させないようにあえて仮歯をつけないことがございます。
その他にも状況に装着を後日にすることがありますので、気になる方は治療前に医師に確認してみてくださいね。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1本引っ込んでいる歯並びは、1本だけで治療ができるのか

  2. オールセラミック装着後のケアの方法

  3. 叢生のオールセラミックでの改善治療

  4. 出っ歯が気になる方へのオールセラミックの治療方法

  5. 八重歯の治療はオールセラミックの被せ物で

  6. オールセラミック治療の流れをご説明します

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビジネスの世界で特に欧米では肥満や喫煙以外に『歯が綺麗かどうか』が就職に影響を及ぼしたり、出世にまで…
  2. オールセラミックは人口の被せ物ならではで自由な色選びができます。歯の色のことをシェードといい、そ…
  3. 人生のターニングポイントとして成人式は欠かせません。女性なら振袖を着たり、男性ですと袴やスーツを…
ページ上部へ戻る