menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯ぎしりでオールセラミックの歯は割れる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者さんで歯ぎしりや、噛みしめをしてる人が多いです。
口の中を拝見しますと、本当に歯がすり減っていて歯が短くなってる人もいますし、歯の表面のエナメル質がなくなって、柔らかい象牙質がむき出しになってます。
歯ぎしりや噛みしめをするとどのような事が起きるか?
当然、歯並びが悪くなるし、歯の表面が削れて最終的には歯が割れます。
顎関節症になり、肩こりやめまいがでるそうです。
体にはよくないですよね~。ストレスが原因とも言われてますが、みなさんストレスを溜めてないでしょうか?

 

オールセラミックにとって歯ぎしりは苦手

オールセラミックをされる方にはカウンセリングの時に、歯ぎしりがあるかないかを聞きます。
オールセラミックは非常に硬いものですが、歯ぎしりが原因でセラミックが欠ける可能性があるからです。

オールセラミックが欠ける仕組み

例えばジルコニアというセラミックの中でも特に硬く、割れにくい、欠けにくいと言われておりますが、それでも欠けてしまう事は珍しくありません。

オールセラミックは見た目と強度のバランスから「レイヤリング法」といって、硬いフレームと呼ばれるものの上に透明感のあるセラミックを盛り付ける多層構造で作成することが一般的です。
歯ぎしりで欠けやすいのはこの上の部分になります。

上の透明感のあるセラミックも一般的には強度は十分と言われておりますが、歯ぎしりのような日常生活以上でかかる力には弱くなります。

歯ぎしりは夜中、寝ている最中に無意識にしているものなので、人が意識している食事などのよりも実は強い力で噛んでおります。その力は起きているときの4〜10倍とまでも言われております。
また、動きも日常生活から離れた歯を擦り付けるような動きのため、噛むのとは別の方向の力がかかり良いものではありません。

割れにくいタイプの作成方法

多層構造でなく、単一の素材で制作されたタイプは、一つの塊を削って作製をするので、単純に硬く、かけにくくはなります。フルジルコニアだったり、ステイン法という作り形を致します。
しかし、その反面単色で透明感が少なく、本物の歯並の綺麗さとはいきません。
割れにくいセラミックとして紹介されているタイプはこういったものである可能性がございます。

また、硬ければ良いわけでなく、セラミック(ジルコニア)の方が硬すぎてしまって、自分の歯の方が弱くて割れてしまう事もあります。歯ぎしりは怖いですよ~。
せっかくセラミックを入れても割れてしまったら大変ですよね~
歯ぎしりをしてる人は、このような事がおこる可能性があると言う事を覚えておいてください。

予防策としてはマウスピースをつけること

予防としては、マウスピースを進めています。
保険内で¥5000~¥7000くらいで作る事ができますので、それを夜寝るときに装着してもらう事を進めていますが、マウスピースを下としても絶対に割れなくなると保証できるものではありませんので気を付けてください。あくまでも予防です。1番は歯ぎしりを治す事が重要。

歯ぎしりは夜寝てる時にしますので本人はあまり自覚がないと思います。
朝起きたらあごが痛かった~とか、同居している人に歯ぎしりしてたよ~とか言われてたら注意です。
虫歯を放置したり歯周病などがあると、かみ合わせが変わって歯ぎしりの原因にもなるらしのでこれも注意です。

多くのの患者さんを見てきましたが、半数以上の形は少なからず歯ぎしり、食いしばり、噛みしめがありました。
最近はストレスなどの現代病で歯ぎしりが起きていることが多いみたいです。
それが原因の場合は歯科治療の観点ではなく、ストレスを無くすことが大切です。
歯医者に行っても口腔内になんの問題もない、原因不明の歯の痛みとされることの多くはこれです。
割れる前にきちんと自覚し、心のケアも大切ですよ。

奥歯がない人の前歯の治療は注意

最後にもう1つ伝えたい事があります。
笑った問に見える範囲、上下前歯のスマイルラインをセラミックにされる方が多くおりますが、奥歯のない人は注意が必要です。
なぜならば、奥歯に歯がないと全ての噛む事を前歯で行うため、前歯への負担が大きくなります。

前歯に負担がかかった結果、セラミックの寿命が短くなり、セラミックが割れてしまうということに成りかねないのです。
状態が悪すぎると自分の支台歯さえも割れてしまったりで、歯がボロボロになります。だからこそ奥歯は大切なんです。
このような患者さんには、先に奥歯をいれて貰い噛み合わせができてから、前歯の治療を行ってもらうようにしてます。
歯を入れる順番って、奥歯から入れ、最後に前歯なんですね。歯は奥深いです。
私も今のこの仕事についてなければ全然わからなかった事です。だからこそ、みなさんにも伝えたいです。いろんな知識を。。。。これからも、みなさんに伝えていきたいと思います。

サービスお問い合わせ先

TEL:052-325-7155 (株式会社Japan Dental Frontier)

※営業時間:平日・土曜10:00〜19:00 日祝は休業です

株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービス詳細こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 反対咬合の改善方法。オールセラミックでの治療はできるのか。

  2. 症例別、オールセラミック治療の期間の一覧

  3. 歯の土台(コア)の種類は。ファイバーコアがオススメ?

  4. オールセラミックの被せ物(補綴治療)とは

  5. 治療中には歯抜けになる?仮歯を装着するタイミングは?

  6. オールセラミックの色選びとホワイトニングのタイミング

おすすめ記事

  1. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
  2. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビジネスの世界で特に欧米では肥満や喫煙以外に『歯が綺麗かどうか』が就職に影響を及ぼしたり、出世にまで…
  2. オールセラミックは人口の被せ物ならではで自由な色選びができます。歯の色のことをシェードといい、そ…
  3. 人生のターニングポイントとして成人式は欠かせません。女性なら振袖を着たり、男性ですと袴やスーツを…
ページ上部へ戻る