menu
閉じる
  1. 小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる
  2. 綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法
閉じる

歯の美容ブログ

歯のコンプレックスを実際に治した東京の審美歯科カウンセラーが書く「歯の美容ブログ」

自費の審美歯科で被せ物として使われる材質には幾つか種類が有り、主にセラミック、金属、レジン(プラスチック)がございます。自費診療で主に使われるのはセラミック、保険診療では素材が安価な事から金属とレジンが主に使われております。その中でも一番人気のオールセラミック製の歯につい…

オールセラミックを被せる前に、歯茎の状態を整え引き締める必要があることをご存知でしょうか?オールセラミックだけではなく被せ物全般に言える事ですが、歯茎が腫れている状態でどんなきれいな被せものをしても、歯茎の腫れが収まった後に見た目が悪くなってしまうんです。歯茎が腫…

患者さんで歯ぎしりや、噛みしめをしてる人が多いです。口の中を拝見しますと、本当に歯がすり減っていて歯が短くなってる人もいますし、歯の表面のエナメル質がなくなって、柔らかい象牙質がむき出しになってます。歯ぎしりや噛みしめをするとどのような事が起きるか?当然、歯並びが悪く…

『歯のコンプレックス』を改善したいと考えているけど、実際にどういう流れで進むかわからず、不安で治療に踏み切れないという人も多いと思います。しかしオールセラミックはちゃんと理解をした上で治療を行えば怖くありません。怖がって治療に移れな…

以前、体験談でコンプレックスについて書かせていただきましたが、小学生のころから歯並びはガタガタで、口に手を当てないと笑えませんでした。その時の記事はこちら「小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる」弊社の患者様も半数以上はコンプレックスがある方ですが、…

最近はスマートフォンのカメラが高画質化してきたことや、一眼レフカメラが安くなったことにより写真がブームを通り越して日常的になってきております。そしてインスタグラムやツイッター、またまたLINEなどによって写真をSNSにアップロードするのが当たり前になりました。その波は…

弊社でカウンセリングさせていただいたお客様の中にも、歯がなくなってしまった方で、『インプラント』と『ブリッジ』のどちらかで迷っいる方が多くいらっしゃいます。虫歯の状態がひどく抜歯してしまった場合、歯根がゆるくなって抜けてしまった場合…

前回で一応はセラミック治療は終わったつもりなので番外編です。その後奥歯も追加しましたので時間があれば読んで見てください。上下前歯をセラミックに変えましたが、1度変えるとセラミックの魅力は高く、残っていたの奥歯の銀歯が気になりました。私は口を大きく開けて笑う事が多く、銀歯が…

結婚式に向けての歯の治療は歯科医師目線では色々と書いてありますが、治療方法だったり医療的な見解が多いので、カウンセラー目線から結婚式前に治療をしておいた方がいいよ〜って思う理由を書いて見ます。女性(花嫁様)だけでなく、男性(花婿様)にも参考にしてほしいです。歯は笑顔に…

こんにちは。この前は、セラミックを入れたところまで話をしましたね。今回はその後の事をお話します。これでひとまず、体験談としては最後の予定です。歯を治してよかった!歯並びがきれいになり、歯を見せてよく笑えるようになりました…

さらに記事を表示する

小学生の時からのガタガタの歯並びを大人になってからオールセラミックでキレイにしました。今はその実体験を生かし審美歯科のカウンセラーをしております。

最近の記事

ページ上部へ戻る